このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第163回

「システムの復元」が無効になっていないか念のためチェック

Windows 10で「システムの復元」が利用できないのはなぜ?

2016年09月14日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

インストールメディアから起動し、システムの復元をしようとしてもできないことがある

調査依頼
Windows 10でシステムの復元が利用できないのはなぜ?

 「Windows 10の動作がおかしくなったときは、システムの復元をやってみる、と書いてあったのでやろうとしたらできない」という相談をよく聞く。エラーメッセージにも書いてあるが、多くの場合は、単に「システムの復元」機能を無効にしているケース。「システムの復元」はバックアップ機能の一つなので、有効にしていなければ利用できない。もちろん、復元したいときにあわてて有効にしても意味はない。普段から有効にしておき、システムにバックアップを取ってもらう必要がある。

正常に動作していれば、このように複数の復元ポイントが作成されているはず

 システムの復元を有効にするには、コントロールパネルからシステムのプロパティを開き、「システムの保護」タブから設定する。復元ポイントを保存するストレージの領域を設定することもできる。初期設定のままでいいが、空き容量によって増減してもいい。復元ポイントは、アプリをインストール・アンインストールするときなどに自動的に作成され、領域がいっぱいになれば古いモノから消されていくので要注意。

コントロールパネルの「システム」→「システムの保護」を開き、「構成」をクリックする
「システムの保護を有効にする」にチェックし、利用するストレージの容量を設定し、「OK」をクリックすればいい

 システムの復元が有効になっているのにエラーが出ることもある。復元先のストレージに空き容量が足りない場合は、不要なファイルを削除して対応すればいい。アクセス権がないといった表示が出る場合は、クリーンブートして試してみる。新しいアカウントを作成して試すのもいい。

 「0x80070005」エラーが出る場合は、セキュリティアプリが原因。停止してチャレンジし、改善されない場合は完全に削除しよう。もちろん、復元後はセキュリティソフトをインストールしてOKだ。


これでズバッと解決!

 システムの復元が無効になっているケースが多いので設定をチェック。その他、容量不足やセキュリティアプリが原因になっていることもある


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン