このページの本文へ

2種類の魚眼を1本でこなせていろいろ使える

NIKKOR初のフィッシュアイズームレンズ「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」

2017年06月20日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」

 ニコンは5月31日、NIKKORレンズ初となるズーム付き魚眼レンズ「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」を発表。6月30日に発売する。

 焦点距離8~15mmという魚眼レンズで、広角側では全周180°の円周魚眼画像、望遠側近くでは画角が対角線方向に180°の対角線魚眼となる。DXフォーマット時には、ズームのDX指標近傍からテレ端の間で最大180°の対角線魚眼画像が撮影可能。

円周魚眼 作例

対角魚眼 作例

 レンズは13群15枚、EDレンズ3枚を使用して倍率色収差を補正、太陽が写り込みやすい広画角ながらナノクリスタルコートの効果でゴースト、フレアを抑えている。サイズは最大径およそ77.5×長さ 83.0mm、重量約485g。価格は16万4700円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン