このページの本文へ

撮ったらその場でNASに転送、シェアも容易なカメラアプリ

アイ・オー・データ機器、スマホ撮影画像をリアルタイムでシェア「なすカメ」

2016年07月13日 19時04分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
撮ったら即NASに保存「なすカメ」

 アイ・オー・データ機器は7月13日、スマホで撮影した写真・動画をネットワークHDDへ自動的に保存できるスマホ用カメラアプリ「なすカメ」を公開した。

 同社のネットワークHDDとWi-Fi環境を準備しておけば、なすカメをインストールしたスマホで撮影した静止画や動画をその場でHDDに自動保存する。さらに友達もなすカメをインストールしていれば写真の共有も簡単にできる。また、自宅Wi-Fiに接続した際には、スマホに保存されている写真や動画を(なすカメで撮影したデータでなくても)ネットワークHDDにバックアップする機能も搭載する。

アプリ画面。インターバルタイマーも搭載するなど、NASと連動させればいろいろな楽しみ方ができそうだ 

 対応するネットワークHDDは同社製「HLSシリーズ」や「HDLシリーズ」など。なすカメはiOS版およびAndroid版が用意され、いずれも無料。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン