このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スバル「BRZ」が大幅改良! 最上級グレード「GT」が贅沢すぎた

2016年07月05日 16時30分更新

文● 山本晋也 車両協力●SUBARU

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士重工業が、同社のブランドである「SUBARU」へと社名変更するというニュースが報じられたばかりだが、スバルのアイデンティティーともいえる水平対向「ボクサー」エンジンを搭載したFR(フロントエンジン・リア駆動)のスポーツクーペ「BRZ」がビッグマイナーチェンジを遂げることが今日5日に発表された(発売開始は8月1日)。

NAのままパワーアップした
2.0リッター水平対向エンジンへと進化

 トヨタ86の兄弟車といえるスバルBRZがビッグマイナーチェンジをはたした。今回のポイントは内外装とパワートレイン。富士重工業の原点ともいえる航空機を想起させる新デザインのフロントバンパーは、翼をモチーフとしたもの。ヘッドライトやテールランプもLED化され、先進感を上げているのもエクステリアのリフレッシュに効いている。

競技ベースの「RA レーシング」、モディファイを前提に装備を省いた「Rカスタマイズパッケージ」、そして「R」と「S」(撮影車)の4グレードに、最上級グレードとして「GT」を追加するといったマイナーチェンジだ

 注目は水平対向4気筒エンジンだ。排気量は従来通りに2.0リッターだが、インテークマニホールド(吸気管)をアルミ製として断面積を拡大、さらにスバルのスポーツカーらしい赤ちぢみ塗装を施しているのも変化を象徴している。こうした改良により、MT車の最高出力は207馬力と従来から7馬力アップ、最大トルクも7Nm高めた212Nmとなっている。

 ボディーはフロントのV型タワーバーの取り付け剛性を高め、ボディー自体も板厚を変えるなどして強靭にした。それに合わせて、サスペンションはしなやかで、安心感のある味付けとなっている。実際、ミニサーキットを走っても不安を感じることなく踏んでいけるのは、いい意味でFRらしからぬもの。それでいて、タイヤはマイナーチェンジ前と同様にミシュラン・プライマシーHPというエコ系タイヤを履いている。タイヤのグリップに頼らず、純粋にドライビングを楽しめるスポーツカーという姿勢は変わっていない。

標準装着される17インチタイヤはミシュラン・プライマシーHP(215/45R17サイズ)。そのナチュラルな特性は、身の丈で楽しめるスポーツカーという狙いに欠かせない

 さらに、今回のビッグマイナーチェンジではVDC(横滑り防止装置)の制御が変わった。これまではサーキット走行ではVDCがドライビングのジャマになってしまうという声もあったことから、新たにサーキットを考慮した『トラックモード』を新設定。ある程度のタイヤスライドなどを許容することで、サーキットで腕を磨こうとするドライバーを陰ながらアシストする電子制御となったのだ。

 そのほか、ステアリングの形状もドライビングしやすいものへと変更。上級グレードではエアコンパネルのデザイン変更、4.2型液晶パネルをメーターにインストールしたマルチインフォメーションディスプレーなどが追加されている。

マルチインフォメーションディスプレーの操作ボタンを追加したほか、ステアリングはグリップ形状を変更。Sグレードのインパネはレッドステッチが入り、高級感も増した

 なにより、見逃せないのは、これまでのグレード体系にはなかった最上級グレード「GT」を追加設定すること。ブレンボのブレーキやザックスのダンパーといった世界の逸品をあしらったGTグレードの発売は2016年秋を予定。今回、富士スピードウェイ・ショートコースを軸に、そのプロトタイプに乗ることができた。

メーカー希望小売価格は243万円~297万円(6速MT車・消費税込み)。写真のボディカラーはピュアレッド

赤ちぢみ塗装のアルミ製インテークマニホールドが象徴するように、吸い込む空気の効率を上げることなどによりピークパワーを増した。AT車のスペックは従来通りだが、MTでパワーアップした知見は取り入れられているという

実用的なトランクスペースを持つのも、このクルマの特徴。実用性を犠牲にしないことで、日常使いはもちろん、サーキット走行に必要なパーツや道具も積んで運ぶことができるのもポイントのひとつ

シートもスポーティだが、日常的に乗りづらいという印象はない。スポーティークーペとして乗りこなしたいというユーザーのリクエストにも応えてくれる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ