このページの本文へ

空気を抜けば持ち運びもラク?

パナ開発、巨大風船×ドローンの「バルーンカム」

2016年06月29日 16時31分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「バルーンカム」

 パナソニックは6月29日、ドローンを大型風船で包んだ演出用ドローンシステム「バルーンカム」の試作機を開発したと発表した。

 バルーンカムの機体にカメラやLED、プロジェクターを搭載させることで、スポーツやイベントにおける光の演出や情報表示に活用できる。ドローンを風船内に組み込むことで安全性を高め、またプロペラ4基の推進力を制御することにより、飛行の安定性と機動性を両立したという。

大型風船でドローンを包む構造で、観客の直近まで飛行できるそう

 今後は実証実験を行ないながら、形状や制御技術の開発、ノウハウの蓄積を進め実用化を目指す。なお、試作機は6月29日~7月1日に開催される「コンテンツ東京2016 第2回 先端コンテンツ技術展」(東京ビッグサイト)のパナソニックブースに出展している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン