このページの本文へ

ファイルサーバー上の古いファイルを「AltaVault」経由でクラウドに自動アーカイブ

ネットアップ、NEC管理ソフト採用のクラウドアーカイブ製品

2016年06月02日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットアップは5月31日、同社のクラウド統合ストレージとNECの管理ソフトを組み合わせたクラウドアーカイブソリューションの提供を開始した。ポリシー設定により、利用されていないデータを自動的にクラウドへアーカイブすることで、データ保管コストの最適化とデータ保護の強化を実現する。

ネットアップが提供開始したクラウドアーカイブソリューション

 同ソリューションは、ネットアップのクラウド統合ストレージ「NetApp AltaVault」(仮想アプライアンス)と、NECのファイルサーバー統合管理ソフト「NIAS(NEC Information Assessment System)」、「NEC Express 5800」サーバーなどで構成される。アーカイブ先には、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなど、AltaVaultが対応するパブリッククラウドサービス(オブジェクトストレージ)が対応する。

 ゲートウェイサーバーのExpress 5800上では、AltaVaultとNIASが稼働する。NIASにより、オンプレミスのファイルサーバーに保存されているデータから、古い(長期未参照)ファイルが抽出され、設定されたポリシーに応じてAltaVault経由でクラウドストレージにアーカイブされる。

 その際、AltaVaultがインラインの重複排除/圧縮を適用することで、転送容量やクラウドストレージの消費容量は最大30分の1に、転送時間は最大75%削減される。保管データの暗号化(AES 256)も可能。

 そのほか、NIASの機能により、オンプレミスファイルサーバーの容量不足日シミュレーション、データ重複や巨大ファイルなどのデータ肥大化要因の可視化などが可能。

NIASによりファイルサーバーの詳細な使用状況が把握でき、ポリシーに基づく自動アーカイブが実現する(画面はWebサイトより)

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!