このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

薄さ2mmの8Kパネル!? NHK「技研公開2016」が開催中!

2016年05月28日 10時00分更新

文● 折原一也 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

裸眼立体表示の3Dテレビの研究も継続中

 NHKが「技研公開」のたびに発表している研究成果で、今年かなり力が入っていたのが「立体テレビ」こと3D関連です。

毎年技研公開で出展される裸眼3D技術

 3Dブームはひと昔前……と思われがちですが、NHKはレンズアレイを用いた裸眼の「インテグラル立体システム」に注力しています。小型の8Kディスプレーを用いることで、SD程度の解像度ですが自然な見え方を確保できます。さらに、複数のプロジェクターによる裸眼3Dの立体表示も検証しています。裸眼3Dは表示解像度の確保と、レンズアレイの小型化がキモですね。

8Kディスプレーを使った「インテグラル立体」による裸眼3D

プロジェクターによる裸眼3D

 もうひとつの方式が「ホログラフィー」で、専用の参照光を当てることで角度ごとに異なる立体映像を見せることができます。静止したホログラフィーは十分実用化されているのですが、映像で実現するには1㎜以下の超高密度デバイスが必要と。まさに研究途上です。ブームが去っても研究を続けるNHKによる研究の懐の深さには恐れ入ります。

「ホログラフィー」による裸眼3D

ネット連携、スポーツ中継で用いられる番組制作技術も

 「技研公開2016」では番組制作の裏方になる技術多数も公開されています。大きく扱われていたのが「スマートプロダクション」という展示。これはビッグデータ、もっとわかりやすく言うとTwitterなどのSNSなども含めた情報、さらには公共の災害情報などを広く収集するものです。

 例えば、災害などの口コミ投稿は写真などの写真の交通標識などを自動で認識して場所を特定、また災害放送などの情報も自動で音声認識し、出来事を特定して迅速な番組制作の手助けをするものです。

ビッグデータを元に多様な情報を正確に迅速に番組化

口コミ投稿は複数を参照、写真内容を認識・解析して精度を高めている

 続いて「スポーツグラフィックスのための空間情報取得技術」。これはNHKによるバレーボール中継などで用いられます。ボールの軌跡をCGで合成し、3Dでぐるりとカメラを回転しながらリピートして表示するためのものです。

 仕組みは、多視点カメラの被写体を追跡してから自動でカメラ校正をし、3次元CGに合成して多視点映像として出力します。これらの中継技術のターゲットは、やはり東京五輪・テレビ画面で観戦するスポーツ中継もより正確・分析的に観られるのです。

ボールの位置をリアルタイムで3Dで認識・追尾して合成する

 以上、特に目立ったものをご紹介したNHKの「技研公開2016」。披露される研究成果は全27項目にも及びます。「技研公開2016」は5月26日(木)から29日(日)まで開催中なので、今週末は最先端の映像技術を体験してみてはいかがでしょうか。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中