このページの本文へ

ネットワーク機能を大幅強化! ソニーがハイレゾ対応ワイヤレススピーカー新製品投入

2016年05月26日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SRS-ZR7」。ホワイトとブラックのカラーを用意
「SRS-ZR7」。ホワイトとブラックのカラーを用意

 ソニーは5月26日、ハイレゾ対応の据え置き型ワイヤレススピーカー「SRS-ZR7」を発表した。6月11日発売予定で、予想実売価格は4万3000円前後。

前面グリルを外したところ
前面グリルを外したところ
左がサブウーファー、右がサテライトスピーカーのユニット 本体上面には操作ボタンなどが並ぶ。NFCにも対応する
左がサブウーファー、右がサテライトスピーカーのユニット本体上面には操作ボタンなどが並ぶ。NFCにも対応する

 192kHz/24bitのハイレゾ音源再生が可能。DSDの再生も可能だがPCM変換となる。スピーカーは中央に強磁力のサブウーファーを2台、左右にはサテライトスピーカーを配置。サブウーファーを2つにすることで2chに分離し、音の広がりを向上させている。

 また、サテライトスピーカーはハイレゾ再生に最適な振動版を採用することで、スーパーツィーターなしで40kHzにまでに対応。抜けのいいボーカルや楽器音を表現できるという。

本体背面右側にHDMI端子を装備。音声の入力が可能 本体背面左側にはUSB端子を搭載。ストレージの接続が可能
本体背面右側にHDMI端子を装備。音声の入力が可能本体背面左側にはUSB端子を搭載。ストレージの接続が可能

 本体には新たにHDMI端子を装備し、テレビに接続することでテレビ用スピーカーとしても使用できる。

「Wireless Surround」でリアスピーカーを追加しているところ。距離やスピーカーレベルを調整できる 「Wireless Surround」でリアスピーカーを追加しているところ。距離やスピーカーレベルを調整できる

 BluetoothはSBCとAAC、LDACに対応するほか、無線LANも内蔵しており「Google Cast」に対応する。また、6月に実施予定のアップデートにより、ネットワーク機能の「SongPal Link」が利用可能となり、複数のスピーカーで同一の音楽を再生できる「Wireless Multi-room」や、本機をサラウンド製品のワイヤレスリヤスピーカーとして利用できる「Wireless Surround」、本機2台でステレオ再生ができる「Wireless Stereo」が使えるようになる。

 なお、本機はバッテリーを内蔵しておらず、AC接続による駆動となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン