このページの本文へ

NETGEAR「Arlo Q」

クラウドにデータを保存するネットワークカメラ「Arlo Q」

2016年05月18日 23時43分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットギアから、録画したデータをクラウドに保存、離れた場所からも操作ができるWi-Fiクラウド録画ネットワークカメラ「Arlo Q」(型番:VMC3040-100JPS)が登場。ツクモパソコン本店で販売中だ。価格は2万9882円(税抜)。

録画したデータをクラウドに保存、離れた場所からも操作ができるWi-Fiクラウド録画ネットワークカメラ「Arlo Q」がネットギアから発売

 「Arlo Q」は、24時間クラウド録画と音声通話を実現したWi-Fiネットワークカメラの新製品。従来モデルでは、専用のベースステーションが必要だったが、本機は他社製無線LANルーターとの接続も可能だ。録画画質は1080p、視野角130度と広く、広範囲の静止画や動画撮影ができる。

 そのほか、暗所での撮影ができる「赤外線LED機能」や、動作・音声を検して録画を開始する「動体・音声検知機能」、監視時間を設定する「スケジュール設定機能」などをサポート。無線通信方式はIEEE 802.11n(2.4GHz / 5GHz)、通信距離は最大91.44m、録画フォーマットはH.264。

手軽なセッティングで使用が可能。防犯カメラや子供、高齢者、ペットの見守りなど、さまざまな場面での活用できそう

 標準プランのデータ保存期間は7日間、保存容量は1GB、接続可能カメラ数は5台まで。また保存期間と容量を30日/10GBまで延長できる「Premier」プラン(月額1190円)と、60日/100GBまで延長できる「Elite」プラン(月額1790円)が用意される。詳細はこちらにも詳しいので参照のこと。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中