このページの本文へ

そろそろあこがれのフルサイズ一眼を買おうじゃないか!第3回

フルサイズ一眼はじめるなら「α7R II」と「PENTAX K-1」をチェック!

2016年05月13日 10時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ピクチャーエフェクト」の撮影サンプル

ノーマル トイカメラ
ノーマルトイカメラ
ポップカラー ポスタリゼーション
ポップカラーポスタリゼーション
レトロフォト ソフトハイキー
レトロフォトソフトハイキー
パートカラー(グリーン) ハイコントラストモノクロ
パートカラー(グリーン)ハイコントラストモノクロ
ソフトフォーカス 絵画調HDR
ソフトフォーカス絵画調HDR
リッチトーンモノクロ ミニチュア
リッチトーンモノクロミニチュア
水彩画調 イラスト調
水彩画調イラスト調

 特殊効果が得られる「ピクチャーエフェクト」を使えば簡単に面白い写真が撮れる。すべてではないが動画撮影時にも利用可能だ。

今回使用したレンズの画質もチェック!

 今回使用したレンズは「FE 24-70mm F2.8 GM」(税抜希望小売価格27万8000円)。今年から展開された高品位レンズブランド「G MASTER」の名を冠する標準ズームだ。その画質も見ていこう。

「FE 24-70mm F2.8 GM」広角側

F2.8 F4.0
F2.8F4.0
F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F22

 絞り開放からシャープネスの高い描写。解像力も高く、高精細。画素数の多いα7R IIの性能をしっかりと発揮できるレンズだ。絞り開放から使える代りにF8.0あたりから回折現象が出てきている。

「FE 24-70mm F2.8 GM」望遠側

F2.8 F4.0
F2.8F4.0
F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F22

 望遠側では絞り開放では解像力はあるのだが、若干だがシャープネスが甘い。それでも並のレンズ以上の性能はある。絞りF8.0くらいまで絞ると一番シャープになってそれ以上は回折現象の影響が出はじめる。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン