このページの本文へ

ジャストシステム初のクラウド型営業支援システム

「JUST.SFA」発売へ、導入・定着しやすさにこだわったSFA

2016年05月10日 14時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャストシステムは、成長型営業支援クラウドサービス「JUST.SFA」を7月1日に発売する。同社初のSFA製品。価格はユーザーあたり月額1万5000円(税別)。

 一般的に、SFAの導入は簡単ではない。業種や企業、あるいは商品によって営業のプロセスはさまざまだからだ。自社業務に適合したSFAを構築するためには、時間と労力をかけてシステムをカスタマイズするしかなく、一度構築すると簡単には変更できない。導入しても、業務内容が日々変化するにつれ、次第に使われなくなるケースも多いという。

 「JUST.SFA」はこれらを解決するために開発された。最大の特徴は「画期的なUI」。業務に最適なシステムを迅速かつ手軽に導入し、変化に合わせて柔軟に変更できる「成長型」とし、一画面で必要な情報を総覧できる「視認性の高さ」を特長としている。

ホーム画面

 具体的には、基本的な営業管理機能や、売上状況のグラフなどを表示するダッシュボード機能など、業務でよく使われる機能を「業務パネル」として多数収録。必要な「業務パネル」をドラッグ&ドロップで貼り付けるだけで、企業や営業担当者ごとに最適な画面を作成できる。

 「業務パネル」をダッシュボードに並べる際、ほかの「業務パネル」との位置関係を計算し、絶対に重ならないように自動で最適配置するのがこだわりの1つ。特許出願中の技術という。

必要な「業務パネル」をドラッグ&ドロップで貼り付けるだけで、企業や営業担当者ごとに最適な画面を作成できる

 関連する「業務パネル」を集約し、必要な情報を1画面にまとめ、「データ連動」機能により、確認したい情報に応じて関連情報も切り替えてくれる。こうした「洗練されたデータビジュアライズ」により、現状を効率的に把握できる。予実管理もKPIも分かりやすく、グラフの種類や軸を柔軟に変えて思い通りにデータを分析できるという。  

 部署やプロジェクトごとに異なった画面設計が可能。案件管理に加え、プロセス管理に対応するので、さまざまなスタイルの営業活動に適応可能。画面は個人単位で使いやすいように変更でき、少ない入力で日報などの報告が行える仕様なので、継続的に利用できるとしている。  

顧客管理画面

訪問計画画面

 PCとスマートデバイスに対応。外出先から入力した情報もリアルタイムに反映される。対応ブラウザはInternet Explorer 11以上、Firefox ESR版 38以上、Google Chrome、Microsoft Edge。タブレットはiPad Air2(Safari)以上に対応する。

 価格はユーザーあたり月額1万5000円(税別)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ