このページの本文へ

Galaxy S7 edgeがまずauから発表! 防水対応のGalaxyフラグシップ

2016年05月10日 14時10分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは2016年夏モデルとして、サムスン電子製「Galaxy S7 edge SCV33」を発表した。発売は5月19日を予定している。

Galaxy S7 edgeがauから発表。写真はピンクゴールド

 Galaxy S7 edgeは今年2月の「MWC 2016」で発表されたサムスン電子のフラグシップ機。WQHD解像度の5.5型有機ELディスプレーを搭載するほか、CPUには現在最速級のSnapdragon 820、4GBメモリー、32GBストレージ、Android 6.0を搭載。また、前年モデルでは非対応の防水・防塵、microSDカードの追加をサポート。また、バッテリーが3600mAhと大容量になっている。

カラバリは3色用意される

 機能面での一番の売りはカメラ。1つの画素が2つのフォトダイオード(デュアルフォトダイオード)で構成される独自のCMOSセンサーを搭載。単純な画素数は1220万画素だが、デュアルフォトダイオードの特徴により、すべての画素でピント合わせを行なうことで、非常に高速なAFを実現するほか、F値1.7のレンズと合わせ、Galaxy S6より約2倍明るい写真が撮れるとしている。

 指紋認証、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグに対応するなど、国内ユーザー向けの機能もバッチリ対応。VRHMDの「Gear VR」ももちろん利用可能で(発売前の5月18日までの予約でプレゼントされる)、高速CPUとの組み合わせにも期待が持てる。

 au向けでは最新の3バンド(2GHzとWiMAX 2+×2の組み合わせ)のキャリアアグリゲーションによる下り最大370Mbpsのネットワークにも対応している。カラバリはブラックオニキス、ホワイトパール、ピンクゴールドの3色。特にピンクゴールドは日本と韓国のみでリリースされるカラーとなる。

下り最大150Mbpsの2GHzにWiMAX 2+の2バンドの計3バンドで下り最大370Mbpsのネットワークに対応する
au「Galaxy S7 edge SCV33」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 5.5型有機EL
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約72.6×151×7.7mm
重量 約158g
CPU Snapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大200GB)
OS Android 6.0
最大通信速度 下り最大370Mbps
キャリアアグリゲーション ○(2GHz+2.5GHz+2.5GHz)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
国際ローミング LTE/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:1220万画素(F値1.7)
/イン:500万画素(F値1.7)
バッテリー容量 3600mAh(交換不可)
FeliCa
NFC
ワンセグ/フルセグ ○/○
赤外線通信 ×
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋認証)
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE) 約530時間
連続通話時間(LTE) 約1480分
カラバリ ブラックオニキス、ホワイトパール、ピンクゴールド
発売時期 5月19日

公開当初発売日の記載が間違っておりました。お詫びして修正いたします。(5/10 15:45)


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン