このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第354回

業界に痕跡を残して消えたメーカー 世界初のパソコンを作ったMITS

2016年05月02日 11時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電卓を発売し大ブレイク

 Popular Electronicsの1971年11月号で、MITSは満を持して電卓「MITS-816」の解説記事を掲載する。このMITS-816はキットが179ドル、完成品は275ドルという価格であった。

MITS-816の解説記事。Popular Electronics Managine Archiveの1971年11月号より。ちなみにこの号の表紙もこれ(カラー写真)だった

 比較対象になるかどうか微妙だが、当時マクドナルドのビッグマックの価格は50セントである(日本のマクドナルドでは当時200円だったとか)。もっとも電卓そのものが当時は非常に高価だったため、これを考えれば破格といっても良かっただろう。

 これに続き、MITSは1974年までに合計16種類の製品を発売する。全部少しづつ仕様が異なっており、形態(デスクトップ/ハンドヘルド)、表示桁数(6~14桁)、特殊関数(科学技術計算、%、メモリー)などさまざまで、価格も49.95ドル(MITS-1206、キット)から419.95ドル(MITS-7400、完成品)まで幅があった。

 この電卓のビジネスにより、同社の1973年3月の売り上げは10万ドルに達したという。従業員は180~200人に増え続けており、これに向けて会社も1万平方フィートのビルに転居するなど、上り調子であった。

 とはいえ、こうしたビジネスにはコピー商売が付き物である。MITSのビジネスの成功を見て、この市場が儲かることを理解したメーカーがすぐさま価格競争を仕掛けてくるのは避けられない。

 Bowmar Instrument CorporationやTIは、1971~1972年にかけて120ドルの低価格製品を市場投入する。この影響は単に最終製品に留まらなかった。

 TIはこうした低価格製品を製造するため、TMS0100ファミリーという電卓の機能に特化したICを製造するが、ここにNS(National Semiconductor:現TIのSilicon Valley Division)やRockwell Semiconductor(現Conexant)などが競合するようなICを投入するなど、叩きあいが激化し、泥沼に陥る。

 最終的にこの争いはTIが制することになったが、そのTIも1975年には電卓部門だけで1600万ドルの赤字を出している有様である。当然ながらMITSもこのビジネスで利益を出すのはほとんど不可能になっていた。

 この後MITSはしばらく測定機器などの製造に携わるが、こちらはそもそも市場規模が小さいため、電卓の時ほどの売り上げは期待できなかった。

 そこで同社は株式公開を図るが、悪い事に1973年のオイルショックの影響で、50万株を公開しようとしたものの、実際には25万株しか公開できなかった。

 1974年末の時点で、社員は20人まで減っており、30万ドルの負債を抱えていた。この状況の打開にむけて、同社はパーソナルコンピュータの販売を目論む。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン