このページの本文へ

AMDが「Radeon Pro Duo」の性能を公開

2016年04月26日 22時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは26日、VR開発プラットフォームであるAMD LiquidVRに対応するビデオカード「Radeon Pro Duo」の性能を公開した。

「Radeon Pro Duo」のスペック

 Radeon Pro Duoは、Radeon R9 Fury Xなどに搭載されているGPU“Fiji”を2基搭載したデュアルGPUカード。演算性能は16.38TFLOPSで、2016年第2四半期に予価1499ドルで出荷予定だ。ただし、日本でのカード単体での販売予定はない。

120mmラジエーターを搭載した水冷ユニットを標準装備カードの全長は約270mm。水冷ホースの長さは540mm
Radeon Pro Duoの基板。出力はDisplayPort×3とHDMI×1。補助電源は8ピン×3となる

 今回発表になった情報によると、GPUコアクロックは最大1000MHzで、メモリークロックは1000MHz。GPU1基あたりの性能は「Radeon R9 Nano」とほぼ同じだ。

Radeon Pro DuoはGeForce GTX TITAN Xより1.5倍、Radeon R9 295 X2より1.3倍速いという
VRベンチマークのSteamVR Performance TestではGeForce GTX 980 Tiを上回るスコアを記録

 なお、日本では「Radeon Pro Duo」を搭載したBTOパソコンが唯一ツクモから発売される予定だ。標準構成での価格は税抜39万9800円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ