このページの本文へ

RATOC「RS-EC21-U31」

やっぱり速い、USB3.1対応のアルミ製HDDケースがラトックから

2016年04月21日 23時40分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラトックシステムから、USB 3.1に対応する2.5インチ外付けHDDケース「RS-EC21-U31」が発売された。

USB 3.1に対応する2.5インチ外付けHDDケース「RS-EC21-U31」。本体素材は放熱性優れるアルミ製で高級感がある

 「RS-EC21-U31」は、SATA3.0(6Gbps)対応の2.5インチHDD/SSD(7mm~12.5mm厚)が搭載可能な外付けケース。外部インターフェースがUSB 3.1 Generation 2(10Gbps)となるのが特徴で、本体にはType-Cポートを備えている。

 同社によると東芝製120GB SSD「THNSNH128GCST」を搭載したテストにおいて、USB 3.1 Gen2(10Gbps)の場合で実測550MB/s、USB 3.1 Gen1(5Gbps)でも実測430MB/sを超える高速転送が可能という。また、ストレージ機能をサポートしたUSB Type-C搭載スマートフォンにも対応。「Nexus 5X」や「Nexus 6P」で動作確認済となっている。

Type-C搭載PCであればWindowsやMacどちらでも利用できる

 本体サイズは78(W)×125(D)×22(H)mmで、本体素材は放熱性優れるアルミ製。USB 3.1ケーブル(Type-C-Type-C)、USB 3.1ケーブル(Type-C-Type-A)などが付属する。

 価格はパソコンショップアークで9799円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中