• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

『World of Warships』推奨PC8モデルの詳細スペックを徹底チェック!

2016年04月28日 11時00分更新

文● 佐藤ポン、加藤勝明 イラスト●村正みかど 編集●ASCII.jp編集部

WoWSの海戦をフルに満喫できるWoWS推奨PCをチェック!

 今すぐWoWSの世界に飛び込みたいが、どんなスペックのPCなら快適にWoWSをプレイできるかはなかなかわからないもの。そこでオススメなのが、8ブランドがラインアップするWoWS推奨PCだ。

 WoWS推奨PCは価格はもちろんスタイルも8者8様だが、どのPCもWoWSの要求スペックよりも余裕を持たせてあるため、WoWSの合間に別のゲームを楽しむのはもちろん、インテルの第6世代CoreプロセッサーのパワーのおかげでWoWSのプレイ動画編集などにも挑戦できる。

 それでは注目のWoWS PCを紹介していこう。ただし、実店舗で購入を考えている場合、店舗によっては対象製品を店頭で販売していない場合もあるため、必ず各店舗に確認をとってから出かけるようにしよう。

【オリオスペック】コンパクト&静音はマニアの憧れ

QUIESPEC Gamer's MINI M1【World of Warships推奨モデル】
直販価格 16万9800円(税別)

 オリオスペックのWoWS推奨PCは、PC自作に詳しい強者もうなる渋い構成が特徴だ。CPUは「Core i5-6400」が標準装備だが、第6世代のCore i5は高い処理性能はもちろん、低消費電力かつ低発熱。つまり、静音志向の選択だ。さらにグラフィックボードはWoWS以外のゲームも余裕でこなせる「GeForce GTX 960」だが、静音性の高いELSA製を使うというこだわり。

 そして何よりPCケースは北米のユーザーコミュニティー発のブランド「NCASE」による超小型モデル。小型で静音かつ高性能と、マニアックな品揃えが売りのオリオスペックらしさがふんだんに盛り込まれている。

 ちなみに製品価格はOS抜きの値段のため、Windows 10 Home 64ビット版を入れる場合は+1万8144円が必要。Windows 7や8.1等も指定できるので、PCのOSにもこだわりがある人にはありがたい方式だ。

Gamer's MINI M1
【World of Warships推奨モデル】
CPU Core i5-6400(2.7GHz、最大3.3GHz)
チップセット インテル H110
メモリー DDR4-2133(4GB×2)
グラフィック GeForce GTX 960
ストレージ HDD 1TB
光学ドライブ
インターフェース USB3.0×2、USB2.0×4、ギガビットLAN、サウンドほか
電源 500W(80PLUS GOLD)
OS
サイズ 160(W)×355(D)×266(H)mm
直販価格 16万9800円(税別)

【GALLERIA】用途は万能、あらゆる作業を快適に

ガレリア ワールドオブウォーシップス XF
直販価格 14万9980円(税別)

 GALLERIA(サードウェーブ)のWoWS推奨PCは、予算とスペックの違いで「DS」「XF」「XI」の計3モデルが用意されているが、今回は真ん中の「ガレリア ワールドオブウォーシップス XF」をご紹介。

 このPCの特徴は、写真や映像編集の負荷にも負けないハイパワー仕様であることだ。最新第6世代の「Core i7-6700」に「GeForce GTX 970」という組み合わせであれば、WoWS以外の市販のゲームであっても恐れるに足らず。今話題の「Oculus Rift」などのVRヘッドマウントディスプレーの要求スペックも見事にクリアーしている。

 さらに、ストレージがOS&アプリ用のSSDとデータ保存用HDDにしっかり分けてあることと、24キーの同時入力もしっかり判別するゲーム向きのしっかりしたキーボードが付属するなど、細部にも手抜きナシ。どんな処理にも対応できる即戦力が欲しい人向けの1台だ。

ガレリア ワールドオブウォーシップス XF
CPU Core i7-6700(3.4GHz、最大4GHz)
チップセット インテル H110
メモリー DDR4-2133(4GB×2)
グラフィック GeForce GTX 970
ストレージ SSD 250GB+HDD 2TB
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
インターフェース USB3.0×4、USB3.1 Type-C×1、USB2.0×2、ギガビットLAN、サウンドほか
電源 500W(80PLUS BRONZE)
OS Windows 10 Home(64bit版)
サイズ 207(W)×520.7(D)×450.2(H)mm
直販価格 14万9980円(税別)

【Sycom】極限性能よりコスパ重視の設計

G-Master Mace H170-WoWs
直販価格 10万991円(税別)※4月28日現在

 税別10万円台で手に入るサイコムの「G-Master Mace H170-WoWs」は、イマドキのゲーミングPCらしくないシンプルな面構えが特徴。その見た目どおり、このマシンはWoWSをフルHD&高画質で快適に遊ぶために“コスパ的に”ベストなパーツで構成されている。第6世代Coreの中で消費電力と性能のバランスに優れた「Core i5-6400」に、WoWSの要求スペックの少し上の「GeForce GTX 750Ti」という組み合わせだ。

 PCケース(Fractal Design製「Arc Midi R2」)は非常に拡張性が高く、あとからもっとパワーのあるグラフィックボードを装着したり、ドライブを増設するのが非常にやりやすい。CPUとGPUのスペックの割に650Wという電源は一見オーバースペックだが、後々パワーアップした時に電源も余裕使いまわせる。費用対効果を長い目で見たい人のためのバランスのいいPCだ。

G-Master Mace H170-WoWs
CPU Core i5-6400(2.7GHz、最大3.3GHz)
チップセット インテル H170
メモリー DDR4 4GB×2 PC-17000
グラフィック GeForce GTX 750Ti
ストレージ HDD 1TB
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
インターフェース USB3.0×2、USB3.0 Type-C×1、USB2.0×2、ギガビットLAN:Realtek RTL8111H、サウンド:Realtek ALC887(7.1ch HD Audio) ほか
電源 650W(80PLUS SILVER)
OS Windows 10 Home(64bit版)
サイズ 230(W)×460(D)×515(H)mm
直販価格 10万991円(税別)※4月28日現在
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう