このページの本文へ

目指せ3回目の王座! ミクGTプロジェクト9年目の挑戦! 第1回

ミクAMG発進! GT開幕岡山は準優勝と好スタート!

2016年04月16日 17時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp 撮影●鉄谷康博、加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

関係者インタビュー

安藝貴範 代表

 セットアップやタイヤと、いろいろと苦しんだ予選でしたが、決勝で速さを見せられてよかったです。とはいえ、落ちてきたライバルたちがいたから、そして前には同じパッケージの#65がいるので喜びきれないのが本音です。直線スピードで苦戦しそうなので、岡山で優勝を取り逃がしたのはつらいなと。

 とは言っても、2位表彰台は幸先良いし、クルマのチョイスも大ハズレではなかった。ドライバーのふたりは本当に素晴らしかった。そして、ファンのみなさんの応援には本当に感謝しています。

片山右京 監督

 開幕はとりあえず良いスタートが切れました。予選日も決勝もドタバタしてて、マシンも本来の調子ではなかったけど、その中でメカもドライバーも良い仕事をしてくれました。開幕戦で2位という順位には大きな意味があると思います。

 ただ、課題はたくさんあって、最高速が伸び悩んだり、他のチームが落ちてきたりと、運に助けられた部分もあったので、富士に向けて課題を解決して、ちゃんと実力をつけていかないといけません。あと、やっぱり「嬉しい」より「悔しい」ですね。

谷口信輝 選手

 予選8番手からのスタートは、何位になれるのかまったく予想できませんでした。最初は片岡選手が落ちてきたマシンを抜いてくれて、我々はペースをキープしたまま走り続けられたのが大きいですね。終わってみれば2位という結果だったんですが、ほかの車種が1位だったらもっと嬉しかったんですが、同じ車種のライバルが1位になったので、嬉しさよりも悔しさのほうが大きいです。このカリはそのうち返したいと思います。

 1年を通したチャンピオンシップとして見れば、2位という成績はとてもいい結果だと思います。AMG GT3はまだまだ試したいことがたくさんあって、正直すごく速いクルマではないけど、開幕戦を見ると決勝に強いかなと。今後もこの調子でいけるかわかりませんが、ロングが悪くないということがわかったので、少し安心しています。

片岡龍也 選手

 今シーズンの開幕戦は初めてのクルマで8番手スタートという状況で、タイヤもロングだと良さそうだとわかりました。まわりのライバルも速くて、最初はみんな良いペースで膠着状態だったんですが、そのうち落ちてくるライバルもいて、そんな中でペースを維持できました。自分としては絶好調というわけではなかったんですが、前のクルマに追いつくことができて抜くことができました。ピットインしてみたら、いつの間にか3位で、さらに谷口選手が一台抜いてくれました。

 スタート前は表彰台に乗れたらラッキーかなと思っていたんですが、あそこまでいくと一位が良かったですね。一位のマシンは我々と同じパッケージングなのでとても悔しいです!AMG GT3はレースに強いクルマだと感じました。予選順位さえ上げれば面白いレースができると思います。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ