このページの本文へ

渋谷でまたまたお祭り一色に、GW期間に「シブハル2016」開催決定

2016年04月15日 17時28分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは、渋谷をITの力で魅力的な街にしていくプロジェクト「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA FES」を立ち上げ、昨年渋谷におけるハロウィーンイベント「シブハロ 2015」に続く第二弾として、「Lenovo presents シブハル 2016(以下シブハル 2016)」を4月28日に開催することを決定した。

「「Lenovo presents シブハル 2016」

 第1回となるシブハルは、渋谷区の顔である渋谷と原宿をメインステージとした大規模な一般向けのイベント。ITを使って渋谷区を楽しくしていく、渋谷区を代表する「お祭り」を目指すという。

 イベントは、渋谷駅ハチ公前広場で実施される渋谷商店街主催による「シブパラ」(4月29日~5月5日)、「ラフォーレ原宿」を中心に、街全体で原宿カルチャーの今を体験する「ハラコレ」(4月29日~5月5日)などを予定している。また、「@SOUND MUSEUM VISION」「CLUB Camelot,」とタイアップし、「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」アプリをダウンロードすると当日使えるドリンククーポンを入手できる。

カテゴリートップへ