このページの本文へ

FPVフライトがついにフライングトイに

手のひらサイズでもカメラ付き、世界最小FPVドローン「PXY Wi-Fi」

2016年07月25日 16時40分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PXY Wi-Fi

 ジーフォースは7月25日、手のひらに収まるほどのコンパクトサイズながらカメラを搭載したFPV飛行も可能なマルチコプター・トイ「PXY Wi-Fi」を発表。7月中に発売する。

 全長42mmという小型サイズの4ローター型マルチコプターながらWi-Fi接続のカメラを搭載、撮影映像をスマホ伝送して飛行中の映像をリアルタイムに手元で見ることができる。コントローラー(2.4GHz、MODE1)のほか、スマホ画面上のコントローラーやスマホ本体を傾けて操作することができる。

コントローラーを使わずスマホだけでも操作できる

 機体がどちらを向いていても操縦者から見た方向に機体を飛行させるオリエンテーションモード、スイッチひとつで宙返りをするフリップモードなどの機能も備える。

コントローラーにスマホを装着できるスマホホルダー、交換用プロペラなどが付属

 機体サイズは約幅42×奥行き42×高さ22mm、重量17g。機体はUSBで充電し、送信機は単3電池×2本で動作。専用アプリはAndroid用およびiOS用が用意される。価格は1万1880円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン