このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

いま聴きたいオーディオ! 最新ポータブル&ハイエンド事情を知る第4回

お耳の恋人、「Layla II」「Angie II」「Roxanne II」

実売19万、26万、40万のイヤフォンを耳に順にねじ込んでみた

2016年04月22日 18時00分更新

文● 小林、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロックと言えばラブソング。ロックの名曲には女性の名前を冠したものが多い。大抵「悲恋」だったりする。クラプトン(デレク・アンド・ドミノス)、スティング(ポリス)、ローリング・ストーンズのそんな楽曲を製品名に冠したイヤフォンを紹介する。LaylaとAngie、そしてRoxanneが第2世代に進化。削り出しの質感がすごいぞ。

イヤフォン史上、たぶん最強の三姉妹が生まれ変わった

 世界的なミュージシャンが数多く使っているカスタム・イヤモニ(IEM:In Ear Monitor)。そのエンジニアとして著名な人物がジェリー・ハービー氏だ。イヤモニの世界では“神”と呼ばれ、彼の作るイヤフォンは、単にスペックが高いだけでなく、このブランド“ならでは”の個性も感じさせる。

 そんなジェリー・ハービー氏のブランド“JH Audio”は、カスタムIEMだけでなく汎用の型を使って製造するユニバーサル型IEMも手掛けている。これは現在、すべてが「Astell&Kernとのコラボ製品」になっている。そんなJH Audioのハイエンドイヤフォン“SIREN Series”が第2世代に進化した。

 約1年前にリリースしたLayla/Angieに続く、第2世代の製品は、「Layla II」と「Roxanne II」、そして「Angie II」の3製品。さらに今後、完全新作の「ROSIE」も続く予定だ。

 実売価格はハイエンドのLayla IIが実売40万円弱、Roxanne IIが26万円弱、Angie IIが19万円弱といったところ。高級イヤフォンが数多く登場する昨今でも、ハイエンド、いや“最高峰”の部類に入るシリーズだ!

SIREN Seriesの特徴は?

 というわけで、簡単にLayla II/Roxanne II/Angie IIの特徴をまとめてみよう。なお、ロックファンならピンとくるかもしれないが、各製品の名前はロックの名曲、それもすべて女性名を冠したものになっている。

3姉妹のここがポイント! 

  1. 内蔵するドライバーの数が超絶に多い(最大12基)
  2. 高・中・低音が独立した経路で耳へ、位相の揃った絶妙サウンド
  3. ロックな“低音ブースト”機能を全機種が搭載
  4. AKシリーズ用の2.5mm/4極バランス駆動用ケーブルを標準添付

 このうちLaylaとAngieはスタジオモニターを意識した癖のないニュートラルなサウンド。Roxanneは分厚い低音でビートの利いたロックをノリよく聴ける点を狙ってきた。Layla IIとAngie IIはこの傾向を継承しているが、金属製の筐体やケーブルの変更などを通じてよりアキュレートな(正確な)傾向に、Roxanne IIでは高域のクロスオーバーもLaylaに近づけ、高域もビシっと伸びるメリハリの利いたサウンドとなった。

 主な改善点は以下の通りだ。

第2世代では、ここが強化されている!

  1. 本体がカーボンから削り出しの金属製に
  2. ステンレス製の導管を調整して、本体が少し小型化
  3. MOON Audio製の高級ケーブルを採用
  4. Roxanne IIはクロスオーバーも改善し、高域も伸びる!

 こうした違いが音にどう反映するのかについては、興味津々だ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ