前へ 1 2 3 4 次へ

超軽量2in1「LAVIE Hybrid ZERO」を実現したNECのこだわり

南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 続いて登壇したのは第一商品開発本部技術戦略部の杉本繁伸氏。「LAVIE Hybrid ZERO」用フラットカバーキーボード開発に関してプレゼンした。フラットカバーキーボードはカバーとしての役割を維持しつつ、厚さ3.5mm、重量187gというスペックを実現している。

要求使用はスタンド込みで200g以下、厚さは3mm以下で軽量化を優先するためポインティングデバイスは非搭載

試作品は重量328gと重く、ゼロストロークのキーボードは打鍵館が硬く疲労感を伴う問題点があった

スタンド部分はキーボードから引き出すタイプに

クリック感を付加するため、メタルドームスイッチを採用

紙製のモックで実現性を検証

見込み重量で201.7gと200gを達成する見通しが立った

メタルドームを実装したキーボード構造の検討

第2試作は重量178g。ただしキーボード面がフラットという問題点があった

ポリウレタン表皮にエンボス加工を施すことでキー形状を実現

メタルドーム周囲にスリットを追加して分割することでキー形状と有効範囲を一致させた

製品版重量は187gで厚さは3.5mm。キーピッチは17.5mmを確保している

 1月21日15時から、専用色“プレシャスゴールド”が選択できるNEC Direct専用モデル「LAVIE Direct HZ(D)」も受注を開始した。CPUはCore m5-6Y54(1.1GHz/最大2.7GHz)、メモリーは8GBにスペックアップされ、LTE/3G搭載モデルも選択できる。

直販モデルの「LAVIE Direct HZ(D)」

 
前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月