前へ 1 2 3 4 次へ

超軽量2in1「LAVIE Hybrid ZERO」を実現したNECのこだわり

南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECパーソナルコンピュータは1月21日、タブレット部が400g以下、キーボードセットで800gを切る超軽量11.6型2in1ノート「LAVIE Hybrid ZERO」の技術説明会を開催した。

「LAVIE Hybrid ZERO」

 「LAVIE Hybrid ZERO」はキーボードセットで約798gという重量を実現するために型破りな構造設計を採用している。壇上には第1商品開発部設計技術部の梅津秀隆氏が登壇し、その構造設計について解説した。

会場に置かれていた第1試作機

Mg-Li合金を採用した試作機は未塗装状態で展示

肉抜きされたフレーム部とロジックボード

各パーツがセットされた状態の本体内部

アンテナ部分にも工夫がこらされる

Mg-Li合金製パネルには熱対策の高性能グラファイトシートを搭載

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月