確定申告前に本書を読んでおくと、書類づくりの励みになる

確定申告前に読みたい 森博嗣さんの生々しすぎる印税話

盛田 諒(RyoMorita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『作家の収支』(幻冬舎新書)821円

 作家といえば印税生活。売れっ子作家はどれくらい儲かっているものなのか。森博嗣さんが書いた『作家の収支』(幻冬舎新書)がおもしろい。初めから終わりまでカネの話ばかりなのだ。しかも徹頭徹尾冷静で、研究論文を読んでいるような気にさせられる。

 収入編である第1章の見出しからしてすごい。「文章はいくらで売れるか?」「原稿用紙1枚でいくら?」「時給でいうといくら?」「単行本と文庫の印税率」「翻訳されたらいくらもらえる?」「ブログだけで年収1000万円」など。出版社が焦ってしまいそうなほどあけすけだ。

『すべてがFになる』印税6000万円以上

 気になる印税について。代表作『すべてがFになる』は累計78万部。「ノベルスで約1400万円、文庫で約4700万円の印税であり、この1作で、合計6000万円以上をいただいている」(本書より)。ちなみに「60時間ほどが制作時間になる」ため「時給にすると100万円だ」。

 ちなみに『F』が売れたときの印象は「こんなマイナな作品なのに、意外に売れたな」「世の中にはオタクが意外に(僕が予想している以上に)多いのだな」というものだったと振り返っている。

 中盤に進むと、もっとすごい。「講演をするといくらか?」「ラジオやテレビに出たらいくら?」といった「その他の雑収入」、さらに「作家の支出って?」「資料代と交際費」「衣装は駄目だが自動車は経費」などの支出まで、確定申告ですかというほど洗いざらい記述していく。

 「雑収入」として景気がいい話だと『F』のアニメ化について。当時、同シリーズ10作の合計発行部数は350万部だったが「アニメ化の告知がされたときには、その数が385万部になっていた。35万部も増えたのだ。僅か半年間で、19年間の総部数が一割増しになった」そうだ。

ポルシェは償却資産で経費になった

 一方、作家の支出という想像しづらい領域について。作家というと「資料」「取材旅行」などが想像できるが、森さんにかぎってそれはない。

 「僕は資料も取材も事前に用意する必要を感じない。ネットにつながったパソコンで書いているのだから、資料も取材もネットで充分である。印刷書籍としての辞書もいらない。作家というビジネスにおいて『経費』というものがなくなってしまう。経費がなくなると、収入は全部所得になるので、多額の税金を取られることになる」(本書より)

 そりゃそうだという感じだが、パソコンや事務用品など経費の類は一応ある。たとえば「仮想秘書」ことオンライン秘書サービスもその1つ。公式サイトの管理、スケジュール管理、ファンレターの仕分けなどをまかせて1ヵ月に2~5万円を払っているという。

 そのほかの経費については「執筆時にはコーヒーを必ず飲んでいるから、コーヒーの豆とコーヒーメーカは経費で落としても良いだろう」「ポルシェを新車で買ったことがあるが、償却資産で経費になった」などとさらさら書いている。

 なお税金は「税理士さんに年間で35万円ほど支払っている」。確定申告は「最初の数年は、自分で確定申告をしたのが、これがもう大変で大変で嫌になってしまった」そうだ。

収支がわかればその人がわかる

 ただしこれ、フリーランスにとって“実践的”な本では決してない。本書のタイトルは『作家の収支』だが、「まえがき」に自分で書いているとおり、森さんはかなり特異な作家だ。

 森さんは理系の研究者で、国語が全科目の中で最も嫌い。小説も年に2~3冊しか読まない。作家デビューは30台後半。小説を書いた理由は、趣味(鉄道模型)のためにおこづかいが必要だったから。金儲けのために小説を書いていると最初から公言している。

 「僕は、キーボードを叩いて文章を書く。1時間当りに換算すると6000文字を出力できる」「小説の執筆は、僕の場合、頭の中の映像を見て、それを文章に写す作業である」という言葉からしても、作家というか物語のプログラマという感じが近い。

 収支にしたって、これだけ稼いでおきながら「稼いだ額(税金を惹かれたあとの額)の半分も使えていない」という。作家業の引退後は残りのお金を「自己年金」として生きていたいと書いている。

 「食べることや、着ることや、飲むことなどに興味がないし、博打もしないし、同性異性に限らず人づき合いをしないので、金の使い道がない。当然ながら、投資にも興味がない。現金は利子のない預金にしている。(銀行倒産時に全額が保護されるため)」(本書より)

 森さんのような悟りの境地に至れる気はしないが、収支にはその人が生々しくあらわれる。確定申告前に本書を読んでおくと、すこしは書類づくりの励みになるかもしれない。経費の記入欄なんかを見ているとき、きっと森さんのことを思い出すはずだ。

 なお書籍の後半では、大量消費時代の崩壊によってベストセラー中心の出版ビジネスが立ちゆかなくなっている状況と、今後の業界の展望について、かなり踏みこんだ話をしている。ここが目からウロコでおもしろいので、ぜひご一読を。

■Amazon.co.jpで購入

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
09月
10月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
06月
07月
10月
11月
12月
2014年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
05月
10月
11月
12月
2012年
06月
07月
11月
12月
2011年
02月
09月
11月
2010年
01月
02月
03月
04月
05月
11月
12月
2009年
10月
12月
2008年
01月
04月
09月
2007年
01月
03月
05月
10月
11月