このページの本文へ

重量1.2kgの12.5型ノート、美しさと頑丈さを両立した「EliteBook Folio 1020 B&O LE」

2016年01月05日 10時00分更新

文● 山口 優、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

解像度2560×1440ドットの液晶ディスプレー

 「HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition」は、本体色・筐体素材とスピーカー以外は、基本的に「HP EliteBook Folio 1020 G1」シリーズ上位モデルとほぼ同じ機能を搭載している。

 液晶ディスプレーは2560×1440ドット(QHD)。キーボードは、白色LEDバックライト内蔵のアイソレーションタイプのもの。

液晶ディスプレーのサイズは12.5型で、解像度は2560×1440ドット(QHD)だ

キーボードは、キーピッチ約18.7mm、キーストローク約1.5~1.7mm。ともに余裕があり、非常に打ちやすい

キーボードは白色LEDによるバックライトが内蔵されており、暗所でキートップの文字が光る

法人向けらしく、キーボード右下側のパームレスト部に指紋認証センサーを採用。屋内外を問わず、第三者が周囲にいる状態でも暗証番号をキー入力する必要なくWindowsにログインできる。この点を魅力的に感じる方は少なくないはずだ

HP独自の感圧パッド「HP ForcePad」が便利

 また「HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition」は、「HP ForcePad」と呼ばれる入力デバイスも搭載している。これは物理的なボタンの代わりに圧力センサーを内蔵したHP独自のタッチパッドのことで、パッド表面を指で押し込むとクリックとして認識される。クリックボタンのように物理的なフィードバックがないため初めて使う場合は多少戸惑うが、慣れればとても便利だ。

タッチパッドは、圧力センサーが内蔵された「HP ForcePad」と呼ばれるもの

HP ForcePadコントロールパネル。タップやクリックした時の動作などは、好みに合わせてカスタマイズできる

 ちなみに、タッチパッド部分にはNFCリーダーが搭載されており、別売の「FeliCa Device Plug-in」(F2S73PA#ABJ、直販価格1000円/税別)、またViewerソフトウェアなどを導入すればFeliCaに対応させられるのだが、残念ながら「FeliCa Device Plug-in」がWindows 10をサポートしていない。ダウングレード権を利用してOSをWindows 8.1 Pro UpdateやWindows 7 Professionalに変更して使うという方なら、非常に役立つだろう。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン