このページの本文へ

仕事に疲れたとき、ふとアフリカの大地に想いを馳せる

「地球の歩き方」がレトルト食品に

2015年12月25日 11時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「地球の歩き方 旅の食卓」商品パッケージ

 マルハニチロは12月22日、レトルト食品の新シリーズとして「地球の歩き方 旅の食卓」を発表した。2016年2月1日より販売する。

 海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」を発行するダイヤモンド・ビッグ社との共同企画。地球の歩き方編集スタッフによるおすすめメニューをレトルト化。商品パッケージも地球の歩き方ガイドブックに見立てたデザインとなっている。

各国の名物料理を

 商品は3種。スウェーデンからは「空飛ぶヤコブさん」(バナナとトチリソースのクリームシチュー」、アフリカ・ガボンからは「チキンムアンバ」(鶏モモ肉トナッツのトマト煮)、中欧・ハンガリーからは「グーラッシュ」(牛肉と野菜のハーブ煮込み)。

 いずれも内容量180gで価格は540円。地域限定販売で販売地域は現在のところ未定。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ