このページの本文へ

Xperiaヒストリー ― 第5回

au版Zシリーズが登場「Xperia UL」:Xperiaヒストリー

2015年11月21日 09時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2013年2月に登場した初代「Xperia Z」シリーズの名機「Xperia Z SO-02E」は、国内ではドコモからのみの発売でしたが、それから遅れること約3ヵ月、2013年5月にようやくauから「Xperia Z」をベースにした「Xperia UL SOL22」が登場しました。

 「Xperia UL SOL22」の中身は、まるっきり「Xperia Z SO-02E」と同じなのですが、外観がまるで異なっていたのが特徴です。

 「Xperia Z SO-02E」はフラットでかなり鋭角的なデザインのボディーでしたが、「Xperia UL SOL22」は、背面がなだらかにカーブしたかまぼこ型になっています。本体サイズも約71(W)×10.5(D)×135ミリと少し厚くなっています。重さは約145グラムで、本体の下側に重心を寄せたり、本体をラバーのような素材にしたりと持ちやすさが重視されていました。

 液晶ディスプレー下の部分にLEDを搭載し、メールや情報のお知らせがくると光るだけではなく、充電時のバッテリー残量や「アルバムアプリ」、「WALKMANアプリ」で表示しているコンテンツに応じて色が変わるというギミックがありました。

 「Xperia Z」シリーズの象徴とも言えるアルミ削り出しの丸い電源ボタンも健在で、ボリュームキーのほか、この後に出てくる「Xperia Z1」に先がけてシャッターボタンも搭載していました。

 背面カメラは積層型構造のCMOSイメージセンサー“Exmor RS for mobile”を搭載した1310万画素。薄暗いところでも低ノイズで明るい写真が残せるといった強みがあります。

 シャッターボタンがついたことで、アプリをタップしなくてもスリープ状態からボタンを長押しすればカメラアプリが起動し、そのままピントを合わせて撮影するという使い方ができるようになり、撮影までのプロセスがかなりシンプルになりました。

 このほか、純正アプリとして「アルバム」、「ムービー」、「WALKMAN」アプリや「スモールアプリ」、「POBOX」も入っています。au端末で念願の5インチのフルHD(1920×1080ドット)ディスプレーに加えて、防水(IPX5/8)/防塵(IP5X)、そしてNFC、赤外線、ワンセグ、おサイフケータイと、国内モデルとして必要とされる機能はすべて入っています。

 もうこのころから「スモールアプリ」や「POBOX」は、Xperiaユーザーとしては無いと困る必須アプリになってきました。

 そうそう、背面のパネルの取り外しができ、バッテリー交換が可能なのも「Xperia UL SOL22」の特徴です。バッテリーは2300mAhと大きめの容量のものが搭載されていますが、予備バッテリーを持っていればモバイルバッテリーも不要で充電することなくサッと交換して使えるのは大きなアドバンテージだったと思います。

 「どうしてauからXperia Zが出てこないんだ!」というauユーザーのジレンマを解消するべく現れたのが「Xperia UL SOL22」でした。まあ、どうしてそのまんま「Xperia Zを出してくれないんだ!」という人たちもいましたが……。各キャリアの端末の足並みが揃いだすのは、次モデルの「Xperia Z1」からとなります。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン