このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第15回

4000円台で即ポチ推奨Bluetoothポータブルスピーカー「LBT-SPP300AV」

2015年10月06日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベッドサイドやお出かけ用にイイ感じ

スマホからの再生用として試用していた。設置場所は平置きタイプのPCケース上。スチール天板が分厚く、音がいい感じに感じたからだ。充電時やボタン操作時には、右下のLEDが店頭する。輝度はそこそこでウザくはない

スマホからの再生用として試用していた。設置場所は平置きタイプのPCケース上。スチール天板が分厚く、音がいい感じに感じたからだ。充電時やボタン操作時には、右下のLEDが店頭する。輝度はそこそこでウザくはない

 本格的な音響環境と比較すると、当然ながら差は感じてしまうのだが、これ単体としてみるとLBT-SPP310AV同様「鮮明で生き生きとした感触」となる(こちらの記事も参照)。

 低音の弱さはたしかにあるが、設置場所を鉄板の上にするとイイ感じになるほか、三角形の筐体で実現している無共振エンクロージャーで、室内で聴く(お隣さんのご迷惑にならない音量とする)であれば、濁った感じや歪んだ感じをあまり感じない。

 そういった用途からすると、ベッドサイドや設置スペースに困る小部屋用として活用できるだろう。

 また、接続するデバイスの多くはスマホかノートPCだと思われる。そういった場合、AACに対応していなくても、apt-X対応のものは多い。

iPhone 6s Plusと並べてみたところ。持ち運びに困るサイズではないとわかるハズ

iPhone 6s Plusと並べてみたところ。持ち運びに困るサイズではないとわかるハズ

 iPhoneの場合だと、AACであるほうが都合がいいので、LBT-SPP310AVを選ぶべきとなるが、音質をそこまで追求していないのであれば、SBCでもOKだろう。また遅延については、どうしても生じるため、ストリーミングで動画を視聴するといった用途にはいいが、リズムゲームなどをプレイするのには適さない。

付属品はmicroUSBケーブルとAUX用のステレオプラグ

付属品はmicroUSBケーブルとAUX用のステレオプラグ

SBCかapt-X環境でいいのならLBT-SPP300AVでOK

 USBオーディオとして使いたい場合や、AACを望む場合はLBT-SPP310AVになるが、そうでもないのなら、4000円付近で入手できるLBT-SPP300AVでもOKだ。

 上記しているようにドライバーユニットや筐体に使用されている部材は共通している。特にちょい足し用にBluetoothスピーカーを探しているのであれば、やたらとお買い得だといえる。

 もちろん、音質も価格帯からすると、とてもいいものなので、安くても音質もと考える人にもチェックしてもらいたい。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン