このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第142回

isaiにAQUOS、5.5型以上のスマホの速度を比較する!

2015年10月05日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メール500通スクロールでは
最速がAQUOS ZETA、安定感でisai vivid

 ここからは実際に使ってみての検証。まずはGmailアプリを使い、メール500通のスクロール操作。上から下まで片手操作でスクロールし、500通目に達したのが一番速い機種が勝ち。各機種3回ストップウォッチで計測し、最速タイムと平均タイムを掲載している。

  AQUOS ZETA isai vivid AQUOS Xx
最速タイム 4秒74 5秒70 5秒51
平均タイム 6秒11 5秒93 8秒74

 最速タイムはAQUOS ZETAの4秒台。ただし平均タイムがやや遅れ6秒台。若干ムラがある。滑らかなスクロールではあるのだが、後半になるとカクカクした動作になり、おそらく表示を省略しているようだ。

 平均タイムを見ると安定していたのがisai vividで5秒93。本機種は最速タイムも近い。大崩れしないようだ。スクロールしていても終始スピーディーでぎこちない動きも見られない。ただ片手操作ではホールドしにくい。

 平均タイムで遅れたのがAQUOS Xx。スクロールの動作はZETAとよく似ている。しかし大画面ということもあって指の動きが足りていない印象。もう少し指を大きく動かしてスクロールすべきだったかもしれない。

 3機種とも大画面ということもあって、4~5型のスマホと比べ、片手操作時はどうしても不安定。落とさないか心配になり、どうしても操作が慎重になる。これがさらに顕著に出たのが次の文字入力テストだ。

片手操作に苦戦する3台
文字入力ではAQUOS Xxが最速だが?

 文字入力もいつものように片手操作で行った。引き続きGmailアプリを使い、新規作成画面で以下の文章を入力する。なお予測変換は使わず、通常変換を行ない、文字は全文を入力する。

「お世話になっております。ライターの小林です。明日の13時にASCII.jpの件、よろしくお願いいたします。」

 この文章を各機種3回入力し、その最速タイム、平均タイムを測定した。測定にはストップウォッチを使用している。各スマホのキーボードはカスタマイズせずそのまま使ったが、AQUOS ZETAのみ左寄せになっていたので、右寄せのキーボードに変更した(筆者は右利きのため)。

  AQUOS ZETA isai vivid AQUOS Xx
入力プログラム S-Shoin 1.0.0.1 LG日本語キーボード 2.3.2 S-Shoin 1.0.0.1
最速タイム 42秒15 42秒65 41秒27
平均タイム 49秒87 46秒45 51秒55

 最速がAQUOS Xxの41秒27。ただし平均タイムでは一番遅い。これは誤入力が多いため。3機種で一番大きく、小指で支えながらの入力が不可能。指が文字種の切り替えボタンや変換候補に届かず、バランスも悪いため、細かな入力ミスが多いようだ。きちんと持てばスムーズに入力できるのだが、片手操作では難しい感じだ。

AQUOS ZETA

isai vidid

AQUOS Xx

 平均タイムが良かったのはisai vividで、スクロールテストと同じく、最速タイムとあまり違わない。これも安定している。ただしやはり端にあるボタンは押しにくく、isai vividのキーボードは数字と文字種のボタンが2つに分かれており、この数字ボタンが特に押しにくい。両手持ち、あるいはキーボードのカスタマイズでこのあたりは解消しそうだ。

 AQUOS ZETAは最速、平均ともに2位。これまた安定感アリ。ただしAQUOS Xxほどではないが本体を小指で支えるのが辛い。指も端に届きにくく、使っていて慣れてきても40秒を切るのはなかなか難しそうと感じた。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン