このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ヘッドフォンと合わせ、より広い層にアピールできる製品を投入

小型で高音質、そして何よりカッコいい、Technicsの新モデルOTTAVAを聴いた

2015年09月30日 20時43分更新

文● 小林 久/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Technics第2弾は、いい音を身近にする一体型システム

 パナソニックは9月30日、Technics(テクニクス)ブランドの新製品2モデルを国内初公開した。海外発表は、ベルリンで9月上旬に開催されたIFA 2015でなされている(関連記事)が、国内での販売計画や価格など、より具体的な情報が追加された。

SC-C500。コンパクトだが上質なサウンドを奏でる一体型システムだ。

 発表されたのは、"プレミアムクラス"の新機種として、CD・ネットワークプレーヤー・アンプなどの機能を一体化した「SC-C500」(価格21万6000円、1月22日発売)、ヘッドフォンの「EAH-T700」(価格9万7000円、1月22日発売)。そして上位のC-700シリーズのスピーカー「SB-C700」のブラックバージョンとなる。

SB-C700のブラックバージョン

パナソニックの役員で、アプライアンス社 のテクニクス事業推進室で室長を務める小川理子氏

 IFAでは、アナログターンテーブルの試作機や、最上位のリファレンスクラスとプレミアムクラスの間を埋める、新ライン"グランドクラス"として、アンプ一体型ネットワークプレーヤーの「SU-G30」やオーディオ用NAS「ST-G30」を公開しているが、現状では2016年度内の発売という情報にとどまっている。

 都内で開催された記者発表会では、パナソニックの役員で、アプライアンス社 のテクニクス事業推進室で室長を務める小川理子氏が登壇、新製品のコンセプトを紹介するとともに、ジャズシンガーのakikoさんを招き、音楽とTechnics製品の関係を深掘りするトークイベントも実施した。

ジャズシンガーのakikoさんも登壇。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中