このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」第6回

初対面の人同士でも大盛り上がり!『戦乱のサムライキングダム』初のファン感謝祭レポート

2015年09月27日 13時00分更新

文● ちゅーやん/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今月26日、ポケラボはiOS/Android向けに配信中のアプリ『戦乱のサムライキングダム』(以下、サムキン)のファン感謝祭を開催した。ファン感謝祭には一般ユーザーの中から選ばれた約50名が参加した。サムキンは武将を集めて育成し、毎日開催する合戦(ギルドバトル)がメインコンテンツのゲームだ。今回は東京・秋葉原での開催となったが、初のオフラインイベントということもあり、名古屋や札幌など遠方からの来場者もいた。来場した人を見てみると、ほかのスマホゲームに比べ30代前後のユーザーが多い印象だ。なんでも会社で同僚や上司、後輩たちといっしょにプレイしているらしい。

サムキンはユーザーとの距離を近づけるという思いを込めた

戦乱のサムライキングダム ファン感謝祭
結月春菜さん
戦乱のサムライキングダム ファン感謝祭
運営チームのやぁまださん(左)、かわぞぇさん(右)

 ステージではポケラボチャンネルにも登場するサムキンガールズの結月春菜さん、そして運営スタッフからやぁまださん、かわぞぇさんが登壇。やぁまださんとかわぞぇさんはサムキンに対する思いをまず最初に伝えた。
 ちょうど1年くらい前に運営体制が変わった。ほかのメーカーのように“天才クリエイター”はいないということで、ユーザーの声を大事にしたゲームにしたい思いがあふれ出た。そこから、Twitterやポケラボチャンネルをとおしてユーザーをコミュニケーションを取れるようにしたという。今回の感謝祭は実は1年越しの計画だったが、ポケラボ社内では賛否両論あったそうだ。しかし、サムキンはユーザーとの距離を近づけるということを前提に動かしているので今回の開催に至ったようだ。

ゲストには声優、ゲーム実況者、そしてコスプレイヤー!

左から杉村ちか子さん、オジョギリ・ダーさん、葵ひなたさん、つんこくんさん

 ゲストには声優の杉村ちか子さん、ゲーム実況者のオジョギリ・ダーさん、コスプレイヤーの葵ひなたさん、同じくコスプレイヤーのつんこくんさんが登場。
 杉村ちか子さんはゲーム内キャラである“太田道灌”、“徳川秀忠”を担当。オジョギリ・ダーさんは“森蘭丸”、“直江景綱”の声を担当している。それぞれプレイ開始したのは今年4月ごろから。オジョギリ・ダーさんにいたってはランクがカンストしているほどやりこんでいる。
 また、コスプレイヤーの葵ひなたさんはキャラのファンになったからつくったとコメント。つんこくんさんは今回のコスプレに対して3週間から1ヵ月くらいの時間を費やして作成したようだ。なんでも100円均一で購入したアイテムで色や質感を出しているとのこと。

(C)Pokelabo,Inc.

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ