このページの本文へ

テレビの音響体験を実用的に変える

ネットで注目のソニーのテレビスピーカーに圧倒的な家電感を見た

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

割り切ることでいさぎよい家電感

 ただ、そうした問題を一番理解しているのがテレビを造っているメーカーです。今回のスピーカーと同種の製品として、ソニーには「RM-PSZ35TV」というスピーカー内蔵のリモコンもすでにあります。今回のSRS-LSR100は、そのスピーカーをもっと大きくしたものと言えます。

 さて、現物を手にしてみると、久しぶりに対面する「家電製品」のいさぎよさに圧倒されます。なにしろできることはすべてボタンとして用意されている。言い換えれば、それ以外のことはなにもできません。最近のテレビはルーターにつないで、YouTubeなんかも観られるわけですが、そういう機能は操作できません。それはテレビ本体に付属のリモコンを併用せよということです。

 SRS-LSR100のは、スピーカー本体と、音声信号のトランスミッター兼充電器のクレードルで成り立っており、クレードル背面のmicroUSB端子にACアダプター、音声入力にテレビのヘッドフォン端子をつなげば、即使えます。

操作できるのは、テレビとスピーカー本体の電源のオンオフ、そしてチャンネルと音量だけ。なにより使いやすいのがプッシュ式電源ボタン兼ボリュームノブ

クレードルに置いた状態の背面。ステレオミニの音声入力はテレビのヘッドフォン端子と接続。角型光デジタル入力でデジタル接続もできます。本体の取っ手で、クレードルから取り出す、戻すという動作もスムース。スピーカー本体にもDC入力があり、クレードルがなくても充電はできます。満充電まで約3時間。バッテリー駆動時間は約16時間。ワイヤレスのポータブルスピーカーとしては長く持つ方です

スピーカー本体の重さは約440g、大きさは約幅196×高さ74×奥行き77mm。クレードルは約85g、約幅179×高さ28×71mm

 ただ、ソニー以外のメーカーは設定が必要です。対応しているテレビのメーカーは、パナソニック、シャープ、東芝、日立、三菱、パイオニア、LG。ケーブルTVのセットトップボックスは、パナソニック、パイオニア、HUMAX、Bn-mux。それぞれのメーカーについて設定番号が振られており、スピーカー本体で設定する仕組みです。

 ところで、左側のシーソー式のボリュームは、テレビ側の音量を調整するもので、テレビから離れた場所に移動するときは、テレビ本体のボリュームを下げる。家族でテレビを見ていて、自分だけちょっと聞きづらいときには、手元のスピーカーのボリュームだけを上げる、といった使い方ができます。

 ただ、そうした使い方をするには、テレビのヘッドフォン端子にプラグを挿しても内蔵スピーカーから音が出るように設定するか、クレードルとテレビを光デジタルで接続する必要があります。

本体背面にリモコン設定ボタンがあり、上部のボタンでテレビやセットトップボックスのメーカー番号を押して設定します

付属品はACアダプター、microUSBケーブル(1.5m)、ステレオミニ音声ケーブル(1.5m)、光デジタルケーブル(1.5m)

(次ページでは、「音は普通だけど、それがいい」)

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中