このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 第45回

SmartNews、Gunosyの二強かと思いきや

やっぱり日本はYahoo!がトップ~ニュースアプリ早分かり

2015年08月10日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トップはYahoo!、Gunosy、SmartNewsが続く

 ここからは、日本国内におけるニュースアプリシェアについて見ていこう。ICT総研の2014年度モバイルニュースアプリ利用動向調査(2014年11月)によると、ニュースアプリのうち最も利用率が高いのは、「Yahoo!JAPAN/Yahoo!ニュース」で31.7%。続いて「Gunosy」が7.3%、「SmartNews」が6.8%、「LINEニュース」が6.3%

 なお、ニュースアプリの利用者満足度アンケート結果は、「SmartNews」がトップで77.7%、次いで「Flipboard」が77.3%、「Yahoo!ニュースBUSINESS」の76.7%、「LINEニュース」の74.3%、「Antenna」の74.1%等となっている。SmartNewsは、Smartモードによって電波がつながりにくいところでも読める等のスマホに最適化されたインターフェイスが満足度につながっていると考えられる。

米国トップは「Flipboard」

 今度は、米国におけるニュースアプリシェアを見ていこう。モバイルパブリッシャー企業Onswipeによると、2014年3月時点での米国におけるニュースアプリシェアは「Flipboard」が44%でトップ。続いてLinkedIn傘下の「Pulse」が29.19%、ロシアでスタートした「News360」が24.94%などとなっている。

 米国のニュースアプリ市場の競争は激しい。これまでにも、Googleによる「Googleカレント」は2012年に終了して「Googleニューススタンド」に移行。AOLの「Editions」も終了し、米Yahoo!の「Livestand」は「News Digest」に移行している。

 最近になり、Facebookによる「FacebookPaper」、Appleによる「News」などもスタートしている。今後日米におけるニュースアプリシェアがどうなっていくのかに注目していきたい。

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。最新刊『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎エデュケーション新書)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』『図解 一目でわかるITプラットフォーム』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ