このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

AVマニアも驚く、さらなる高音質技術を採用

「BDR-S09J-X」「BDR-S09J」 - パイオニアが生んだ、究極のBDドライブ

2015年08月10日 11時00分更新

文● ジサトラ ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

豊富なBD/DVDコンテンツ作成・視聴ソフトウェア

 実は「BDR-S09J-X」「BDR-S09J」には、BD/DVDコンテンツ作成・視聴を楽しむためのソフトウェアが計10本バンドルされている(「Pioneer BD Drive Utility」除く)。「BDR-S09J-X」「BDR-S09J」を1台手に入れるだけで、コンテンツ作成から視聴まで行なえるようになるというわけだ。ここでは主なものを紹介するので、チェックしてほしい。特に「PowerDVD 12」は、BDXL/CPRM/AVCRECに対応し、最新のBlu-ray 3Dも再生できるため、ありがたい方は多いはずだ。

映画、アニメ、音楽などさまざまなBD/DVDビデオを再生できる「PowerDVD 12」。BDXLほか、CPRM/AVCREC、最新のBlu-ray 3Dに対応

BD-MV、AVCHDに対応したBD/DVDオーサリングソフト「PowerProducer 5.5」。高解像度ビデオからのディスク作成、BDディスク用ビデオの編集が可能

BDXL対応の映像編集ソフト「PowerDirector 10」。デジタルカメラで撮った高解像度画像を簡単に編集できる

データのバックアップや修復を行なえるバックアップソフト「PowerBackup 2.5」。差分バックアップ、スケジュールバックアップをサポート

「Sound Material」。パイオニアが世界中で収録してきたサウンドアーカイブの中から厳選した10曲を「サウンドマテリアル」として同梱

「最高峰」を求めるなら、
“鉄板”の「BDR-S09J-X」「BDR-S09J」

 「BDR-S09J-X」「BDR-S09J」は、防振設計により静音性・信頼性のどちらにも優れている上、とりわけ「BDR-S09J-X」はオーディオ用機能を一段と強化した、究極的といえる製品となっている。しかも、柔軟な設定を行なえる対応したユーティリティーや豊富な添付ソフトを利用可能だ。

 「BDR-S09J-X」「BDR-S09J」は、自作PCユーザーなら欲しがるあらゆる機能が揃った最新モデルといえるのだ。

「BDR-S09J-X」「BDR-S09J」は、自作PCユーザーなら欲しがるあらゆる機能が揃った最新モデルだ!

ノートPC、Macで使いたいなら、
Windows/Mac OS X両対応の「BDR-XS06JL」だ

 自作PC用の内蔵型だけでなく、ノートPC、Macでも使いたいなら、パイオニアの薄型ポータブルドライブ「BDR-XS06JL」がオススメしたい。ディスクをスロットに差し込むだけで自動的に挿入されるスロットローディング型で扱いやすく、重量が約280gしかないため持ち運びにも最適なのだ。

Mac OS X/Windows両対応のポータブルドライブ「BDR-XS06JL」。USB給電ケーブル(30cm長)も付属している

 またUSBケーブルからの電源供給で動作する上、メディアの使用状況をドライブが学習して無駄な消費電力を抑える「インテリジェントエコモード」を搭載するなど、使い勝手の良さも申し分ない。

 対応メディアとしては、BDXL TL(3層100GB)、BDXL QL(4層128GB)をサポートしており、この1台があれば困ることはまずない。しかも、記録速度もBDXL TL(3層100GB)で4倍速記録が可能と高速だ。さらにWindowsでの使用時は、書き込みとベリファイを交互に行なうライト&ベリファイモードの高速化により、Windows標準記録方式での記録時間を短縮してくれるというスグレモノでもある。

 音楽好きに見逃せないのは、ポータブルドライブながら「PureRead2+」機能を搭載している点だろう。オーディオCD再生時、読み込みエラーによるデータ補正の発生を低減し、正常に読み込めない場合独自アルゴリズムによる再読み取みを行なう。BDXL対応ピックアップ搭載によるCD読み取り性能の向上と合わせ、高精度なCD読み取りが可能となっているのだ。


前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中