このページの本文へ

CoolerMaster「Hyper 212 EVO」

特許出願中の独自技術を採用するCPUクーラーがCMから!

2012年01月14日 23時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 特許出願中のオリジナル技術を採用するというクーラーマスター製のCPUクーラー「Hyper 212 EVO」が販売中だ。

ヒートパイプダイレクトタッチ式をさらに進化させた、特許出願中のオリジナル技術を採用するというクーラーマスター製のCPUクーラー「Hyper 212 EVO」

 この製品は、ヒートパイプダイレクトタッチ式をさらに進化させた独自のCDC技術(Continuous Direct Contact)を採用するサイドフロー型CPUクーラーの新モデル。CPUに直接触れる4本のヒートパイプの間隔を空けず互いに密着させ、さらに磨くことでギャップをなくし、より受熱能力を高めようというのが特徴。これにより「ベースの裏側ほぼすべてがヒートパイプとなり、熱移動効率が向上する」としている。

4本のヒートパイプの間隔を空けず互いに密着させ、さらに磨くことでギャップをなくし、より受熱能力を高めようというのが特徴

 搭載ファンは120mm角(600~2000rpm±10%、24.9~82.9CFM、9~36dBA)で、防振パッドを装着し、駆動振動を最小限に抑える。さらに放熱フィンとの固定には、多くの製品が採用するワイヤークリップ式は採用せず、より取り付けのしやすいクイックスナップファンブラケット式としたのもポイント。なおユーザーの好みでデュアルファン仕様にカスタマイズすることも可能だ。
 全体サイズは120(W)×80(D)×159(H)mmで、重量は約580g。対応ソケットは、LGA 2011/1366/1155/1156/775、Socket FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2で、リテンションはバックプレートを用いたネジ留め式が採用される。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

価格ショップ
「Hyper 212 EVO」
¥3,970フェイス秋葉原本店
¥3,980パソコンショップアーク
クレバリー1号店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
PC DIY SHOP FreeT

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中