このページの本文へ

オンプレミスとAWSのハイブリッド環境を3ヶ月で構築

日立Sol、基幹システムのDRサイトをAWS上に構築

2015年07月27日 11時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月27日、日立ソリューションズはラサ商事の基幹システムのDRサイトを3ヶ月間でAWS上に構築。2015年4月に本稼働を開始したことを発表した。ラサ商事は、資源や金属素材、産機・建機等を産業界に供給する専門商社。

ラサ商事のシステム構成図

 ラサ商事はこれまで、BC/DR(事業継続/災害復旧)対策として、夜間にバックアップデータを外部記憶装置に保管するとともに、遠隔地のサーバーへ転送していたという。しかし、記憶装置の老朽や枯渇によって装置をリプレースする必要があった。また、廃棄や装置故障のような障害時の対応など、保管管理による運用コストがかかることや、システム復旧に時間を要することが課題となっていた。これに対し、ラサ商事はBC/DR対策を強化し、災害への早期対処を目的に、DRサイトを導入することになったという。

 日立ソリューションズは、オンプレミス環境にクラウドストレージと接続するAWS Storage Gatewayのサービスにより、非同期データの転送基盤を導入し、当時のバックアップ運用と同等の環境を実現。AWS Storage GatewayからAmazon S3上のバックアップに差分転送を行なうことでデータ量を削減。専用回線を必要としないインターネットを経由で、バックアップデータの別地保管を実現した。

 また、基幹システムの災害対策として、オンプレミス環境が被災した際の事業継続を実現するために、Amazon EC2上にDRサイトを構築したという。新システム環境によって、バックアップデータを保管する記憶装置の維持管理が不要になり、バックアップ運用作業が軽減するなど、BC/DR対策の運用コストと作業負荷の軽減を実現した。

 さらに、Amazon EC2への基幹システムDRサイトの構築では、AWS上の適用範囲を越えた古いバージョンのオンプレミスのソフトウェアを、VM Import/Export機能を利用することでAWS上へ移行した。AWSに関する技術力とノウハウを最大限に活かし、オンプレミス環境とAWSのハイブリッド環境を実現し、BC/DR対策の導入を3ヶ月での短期間構築を実装したという。また、コスト面でもオンプレミス環境への導入と比べて、約40%のITインフラ基盤への投資費用を抑えられると試算されるという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ