このページの本文へ

パターンファイル不要で未知のマルウェアを検出

日立Sol、機械学習を利用したマルウェア対策製品販売

2016年04月19日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月18日、日立ソリューションズは米Cylanceと販売代理店契約を締結し、エンドポイント向けマルウェア対策製品「CylancePROTECT」の販売を4月19日から開始することを発表した。価格はオープンプライス。

 CylancePROTECTは人工知能(AI)技術の1つである機械学習を用いたマルウェア対策製品。正常なファイルやマルウェアファイルなどの8億個以上のファイルから抽出した約700万もの特徴を機械学習させた独自のアルゴリズムによって、未知のマルウェアを高精度に検知するという。

「CylancePROTECT」と従来製品のマルウェア検知方法(パターンマッチング)の違い

 パターンマッチング方式に比べて早期にマルウェアを発見できるほか、定期的なパターンファイルの更新が不要になるため、運用負荷の低減を実現できる。脅威やポリシー、クライアント、ブラックリスト/ホワイトリストの運用管理もクラウド側で一元的に行なえるという。

 2012年に創業された米Clylanceは、人工知能を活用したセキュリティ対策製品で注目を集めるIT企業。全世界で1000社以上、450万以上のライセンスを販売しているという。

カテゴリートップへ

ピックアップ