このページの本文へ

ロボット技術とカメラ・通信技術を合わせて新産業へ

ソニーモバイルと人間共生型ロボットを開発するZMP、産業用ドローンの新会社設立

2015年07月22日 16時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プロトタイプの自律型無人航空機(垂直離着陸可能な固定翼機)

 ソニーモバイルコミュニケーションズとZMPは7月22日、自律型無人航空機を用いた産業用ソリューションを開発。提供する合弁会社を新たに設立することで合意した。

ZMPのホームページ 

 自動運転やロボット技術を展開するZMPのノウハウと、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野の技術を合わせ、自律型無人航空機(いわゆるドローン)を用いて画像撮影、画像データ処理に活用する。

 新会社「エアロセンス株式会社」は8月初旬の設立予定で、測量・調査・管理・点検などのトータルソリューションを開発、2016年よりサービスの提供を開始する計画。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン