このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

バイアンプ駆動で、DSDにも対応、手軽さと“もうこれで十分”と思わせる高音質が同居

Hi-Fiの思想で作られた、一体型ハイレゾ機「M-CR611」

2015年07月14日 14時00分更新

文● 小林 久/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

M-CR611。有機ELディスプレーは3行表示で、日本語も見やすく表示。使い勝手に優れる。

 マランツは7月14日、ネットワークレシーバーの新製品「M-CR611」を発表した。2013年夏に市場投入され、好評を博した「M-CR610」の後継にあたる製品。プレーヤー/チューナー/アンプの機能を一体型したハイコンポとなる。

 本体サイズは幅292×奥行き305×高さ105mm、重量は3.4kg。CD、USB、DLNA対応のネットワーク再生機能などを持ち、価格は7万5600円。発売は8月上旬。

CM1S2と組み合わせた、Premium System

 スピーカーセットのモデルも用意されており、価格は「B&W CM1S2」と組み合わせたPremium Systemが21万3840円。「B&W 686S2」と組み合わせたStandard Systemが17万2800円。「DALI Zensor1」と組み合わせたBasic Systemが11万4480円。

Zensor1と686S2

 B&Wとマランツは製品開発や販売で協力関係にあるほか、M-CR611を開発する際にもCM1S2がリファレンスとしたため、マッチングについてはお墨付き。また、DALIについても昨年から海外のオーディオショーでのプロモーションにマランツ製のプレーヤーやアンプを活用するなど深い関係があるという。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画