このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第28回

格安SIMで最大800円超割引!? 固定通信とのセット利用を考える

2015年06月25日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 格安SIMは元が安いだけに、同じ月間高速通信容量で、わずか100~200円の違いにも敏感になってしまう傾向がある。プロバイダーとセットの利用で月間約200円も値引きがあれば、それはとても大きいことではないだろうか。

 そこで、セットで使うと割引サービスのある格安SIMをまとめてみた。なお、金額については基本的に税込金額を記載した。さらに請求の際には1回線あたりユニバーサルサービス料の2円が追加される。

216円引きになる「OCN モバイル ONE」
店頭パッケージも対象!

「OCN モバイル ONE」

「OCN モバイル ONE」

 シェアトップの「OCN モバイル ONE」は、プロバイダーとセットで割引を用意している。対象はOCN 光の接続プランで、OCN モバイル ONEの1契約あたり216円、複数のSIMがある人は最大で5契約まで216円割引、合計で最大1080円まで毎月割引となる。

 対象は光のサービスに限定されるため、料金の関係などでADSLを使い続けている人や、そのほかのOCNのプロパイダーとしてのサービスを使っている人は対象外となる。

 プロバイダーとセットで利用した場合の最安プランは、1日110MBの高速通信容量がある「110MB/日コース」で、月額基本料金は972円のところが756円になる。月間3GBのコースは通常1188円が972円となり、競合他社の相場に並ぶ。

 割引の申し込みは両方の契約が揃ったところで行なうため、例えばOCN モバイル ONEの加入パッケージを家電店で購入して開通したものでも割引を受けられる。

「NifMo」は@niftyのADSL回線も割引対象に!
店頭のパッケージ製品もOK

「NifMo」

「NifMo」

 プロバイダーでは歴史が長く大手の「@nifty」が提供する格安SIM「NifMo」も、プロバイダーとセットの割引を用意している。

 もちろん@niftyのサービスとなるが、光ファイバー回線だけでなく、ADSLのコースも対象になっていることが特徴だ。

 割引額は月々216円。NifMoの開通の際、接続サービスを利用している@niftyのIDで登録する必要があるが、SIMパッケージ自体は家電店で購入したものでもよく、前回紹介のように格安でパッケージを購入して加入手数料を安く抑え、さらに月々の支払いも安くすることもできる。

 割引はNifMoに課金のあった月に限られるため、加入月は無料のNifMoの場合、セットで利用した場合の割引はNifMoの開通翌月からとなる。割引された結果、月間の高速通信容量3GBのプラン(月額基本料金は972円)が756円/月で利用可能になる。

 なお、古くからのユーザーで@niftyのメールアドレスを維持するため、月額250円の基本料金だけで契約している人は、セットの割引とはならない。

(次ページへ続く、「BIGLOBEは「ベーシック」を含む全プランで218円引き!」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン