このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

モアパワー! モアトルク! 650馬力のコルベットがお披露目!

2015年06月09日 17時00分更新

文● 松永和浩 写真●松永和浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

浅間ヒルクライムで日本初公開!
659馬力のハイパワーコルベット「Z06」

 「浅間ヒルクライム2015」(関連記事)の会場に、シボレー・コルベット(C7)のニューモデルが登場。なんと659馬力という怒涛のハイパワーを誇る「Z06」が日本初公開となった。

 赤いモデルはZ06コンバーチブル。コンバーチブルモデルはクーペに比べてボディー強度が落ちるために、600馬力オーバーのフルスペック設定は避けるのだが、コルベットZ06コンバーチブルは659馬力フルスペックのパワーユニットを搭載した。

 これはクーペとコンバーチブル、それとレーシングモデルのC7Rとも共通するボディーユニットのおかげで高剛性と低重心を備えるため、クーペモデルであってもルーフ部の構造体に応力をともなわないボディー設計を採用したC7コルベットならではの特徴だ。

 クーペモデルから屋根を落としてコンバーチブルにする他メーカーのような構造と違い、コンバーチブル化におけるボディー補強は一切必要が無く、そのためクーペに対して電動ソフトトップ機構の分の重量増加で659馬力を受け止めるコンバーチブルを実現できた。

 コルベットZ06はクーペ、コンバーチブルと、共に659馬力を発揮するために空力面を大幅に改良。新たにフロントのリップスポイラー、サイドスカート、3分割のリアスポイラーが追加された。このスポイラー類はすべてカーボン製で、また3分割リアスポイラーのセンター部分は後方視認を考慮して強化ポリカーボンを採用している。この透明なセンター部分は高さを調節でき、リアのダウンフォースを好みに調整することが可能だ。

 ただし、この展示車両のコンバーチブルは参考車両のため、このリアスポイラーが標準装着されるかどうかは現時点では未定とのこと。

 また、ハイパワー化に合わせてサイズの大きなタイヤを履くことができるように、ボディー幅も拡大されており、その拡大幅はフロントで56mm、リアで80mmとなる。

 ハイパワー化に伴いエンジンの排熱やブレーキの冷却などのエアフローも大きく変わり、フロントフェンダー後方のエアアウトレットは大型化、そこにZ06エンブレムが輝く。これに伴いスティングレイ(エイ)のエンブレムは省略。リアフェンダー前方には新たにブレーキ冷却用のエアインレットが装着された。

 インテリアは基本的にノーマルのコルベットに準ずる。しかし、ダッシュボードはカーボンパネルとなり、ハンドルデザインも変更され、ハンドルのカーボンアクセントにはZ06のロゴが入る。コンバーチブルのトランスミッションは新開発の8段ATで、変速タイミングはデュアルクラッチロボタイズドミッションを凌駕し、例えば991型ポルシェ911 GT3よりも変速タイミングは速いという。パドルシフトも装着されている。

 1953年の初代発表からコンバーチブルをラインナップに加えることが伝統のコルベット。アメリカのオープン文化の究極形態となるスーパーハイパフォーマンスなコンバーチブルの登場は、まさに歴史的必然である。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ