このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

富士通「LIFEBOOK SHシリーズ」ロードテスト 第2回

13.3型モバイル「LIFEBOOK SH/WS1/T」の選び方 (1/4)

2015年05月02日 12時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通の「LIFEBOOK SH90」シリーズは、CPUにBroadwell世代の最新Core i5/Core i7を搭載した13.3型モバイルノートだ。ラインナップとしてはスペックが固定された店頭販売向けのカタログモデル「LIFEBOOK SH90/T」と、構成パーツをカスタマイズできる直販サイト「富士通WEB MART」限定販売のカスタムメイドモデル「LIFEBOOK WS1/T」の2種類が用意されている。

 どちらをえらべばいいのか迷っている人もいるだろう。そこで今回は「LIFEBOOK SH90/T」と「LIFEBOOK WS1/T」のスペックの違いと、実際の性能について紹介する。

Broadwell世代のCPUを搭載した富士通の13.3型モバイルノート「LIFEBOOK SH90」シリーズ

 なお今回試用した「LIFEBOOK WS1/T」については、CPUとメモリー、ストレージに最上位のパーツを選んだ「最強構成」と呼ばれる構成だ。パーツ構成によっては今回紹介したベンチマーク結果と異なる結果が出ることがある点をあらかじめご了承いただきたい。

カタログモデルの主なスペック
製品名LIFEBOOK SH90/T
CPUCore i5-5200U(2.20GHz)
メモリ(最大)4GB(12GB)
ストレージ500GB HDD
グラフィックスIntel HDグラフィックス 5500
ディスプレー13.3型ワイド(2560×1440ドット)
通信機能1000BASE-T、IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth Ver4.0
インターフェースUSB 3.0×3、アナログRGB×1、HDMI×1、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ
バッテリー駆動時間約14時間(JEITA2.0)
本体サイズ/重量幅319×奥行き215×高さ13.6-19.8mm/約1.57kg
OSWindows 8.1 Update 64ビット版
カスタムメイドモデルの主なスペック
製品名LIFEBOOK WS1/T
CPUCore i7-5500U(2.20GHz)
メモリ(最大)12GB(12GB)
ストレージ256GB SSD
グラフィックスIntel HDグラフィックス 5500
ディスプレー13.3型ワイド(2560×1440ドット)
通信機能1000BASE-T、IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth Ver4.0
インターフェースUSB 3.0×3、アナログRGB×1、HDMI×1、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ
バッテリー駆動時間約14時間(JEITA2.0)
本体サイズ/重量幅319×奥行き215×高さ13.6-19.8mm/約1.57kg
OSWindows 8.1 Update 64ビット版

Core i7-5500UとCore i5-5200Uの性能はどれだけ異なるのか?

 まずはCPUについて見ていこう。店頭販売向けの「LIFEBOOK SH90/T」は、CPUとしてBroadwell世代のCore i5-5200U(2.20GHz)を採用している。それに対してカスタムメイドモデルの「LIFEBOOK WS1/T」では、Core i5-5200Uか同じくBroadwell世代のCore i7-5500U(2.40GHz)を選択可能だ。それぞれのCPUの違いは、以下の表のとおり。スペック的にはCore i7-5500Uのほうが若干性能が高い。

Core i5-5200UとCore i7-5500Uの違い
Core i5-5200UCore i7-5500U
コア数/スレッド数2/42/4
動作周波数2.2GHz2.4GHz
最大動作周波数2.7GHz3GHz
キャッシュメモリー3MB4MB
内蔵グラフィックスインテルHDグラフィックス5500インテルHDグラフィックス5500
グラフィックス動作周波数300MHz300MHz
グラフィックス最大動作周波数900MHz950MHz

「CPU-Z」によるCore i5-5200UとCore i7-5500Uの詳細情報。両CPUの違いは動作周波数とキャッシュメモリーの容量程度だ

 CPUの処理能力を計測する「CINEBENCH」では、Core i5-5200Uで「CPU」のスコアが「238」、Core i7-5500Uで「270」という結果となった。スコアだけで考えるとCore i7-5500UのほうがCore i5-5200Uよりも13%程度速いということになる。軽めの作業では劇的な性能差を感じられないかもしれないが、動画のエンコードなど負荷の高い作業になると、違いが出てくるものと思われる。

Core i5-5200U搭載の「LIFEBOOK SH90/T」と、Core i7-5500U搭載「LIFEBOOK WS1/T」の「CINEBENCH R15」ベンチマーク結果



富士通 FMV ESPRIMO SH

(次ページ、「アクセス速度が高速なSSDと容量が大きいHDD」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通