普段使いはファンレス動作!!

最新ゲームも快適に遊べるGIGABYTEのGeForce GTX 960

文●藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウェブ動画視聴などの日常的な作業なら
ほぼファンレス運用が可能

 「GV-N960WF2OC-2GD-GA」のセミファンレス動作のGPU温度の仕様は、スペックに記載されていないが、GPU温度と消費電力(GPU負荷)で管理されている模様。ゲーミングはさすがにGPU温度、負荷ともに高くなるので、ファンは回転するが動画再生やウェブゲームといった2D作業時は、どうなのか気になるところ。

 試しにBlu-ray Discの映画をサイバーリンク「PowerDVD 14」を使って再生したり、「dビデオ」で動画再生しながら、ブラウザーゲームの「艦隊これくしょん~艦これ~」を遊んでみたりしたが、ともに2時間のテスト中にファンが回転することは1回もなかった。

Blu-ray Discの再生やdビデオで動画を視聴しつつ、艦これをガチでプレイ。GPU-ZでGPU温度や負荷を記録した

BD再生時のビデオカードの状態
時間 GPU温度 GPU負荷 メモリー使用量 ファン回転数
1分 36℃ 10% 14% 0rpm
10分 39℃ 10% 14% 0rpm
20分 40℃ 10% 14% 0rpm
30分 40℃ 10% 14% 0rpm
40分 41℃ 10% 13% 0rpm
50分 41℃ 11% 15% 0rpm
60分 41℃ 10% 14% 0rpm
70分 41℃ 10% 14% 0rpm
80分 41℃ 10% 14% 0rpm
90分 41℃ 10% 13% 0rpm
100分 41℃ 10% 14% 0rpm
110分 41℃ 10% 14% 0rpm
120分 41℃ 10% 14% 0rpm
ウェブ動作+艦これのビデオカードの状態
時間 GPU温度 GPU負荷 メモリー使用量 ファン回転数
1分 30℃ 15% 12% 0rpm
10分 39℃ 24% 19% 0rpm
20分 41℃ 24% 20% 0rpm
30分 42℃ 26% 20% 0rpm
40分 42℃ 23% 19% 0rpm
50分 42℃ 26% 20% 0rpm
60分 42℃ 24% 19% 0rpm
70分 42℃ 26% 21% 0rpm
80分 42℃ 25% 20% 0rpm
90分 42℃ 26% 20% 0rpm
100分 42℃ 26% 20% 0rpm
110分 42℃ 27% 20% 0rpm
120分 42℃ 27% 21% 0rpm

 ファン停止状態、エアフローのないバラック状態でもヒートシンクはしっかり放熱できており、GPU負荷が常に20%後半となるウェブ動画再生と艦これプレイ時でも、GPU温度は42度に留まっていた。フロント吸気があるPCケースに収めた状態では、より低いGPU温度を維持できるだろう。

ウェブ動画視聴などの日常的な作業なら、ほぼファンレス運用が可能な「GV-N960WF2OC-2GD-GA」

オーバークロックを試してみる

 ブーストクロックがメーカー公称値を大きく上回る1341MHzまでアップした「GV-N960WF2OC-2GD-GA」。GPU、メモリーのクロックや電圧アップを簡単に行なえ、GPU温度などのモニタリングなどもできるGIGABYTEオリジナルツール「OC GURU II」がせっかく付属しているので、オーバークロック動作を試してみることにした。

各種クロックや電圧、Power Targetに加えて、GPU温度などのモニタリング、ファン回転の手動設定などが行なえる「OC GURU II」

GPU温度などはログを残せる。日常的に行なう作業のファン動作を確認して、エアフローを変えてみるなど、いろいろ試すのも楽しそうだ

 オーバークロック耐性は、どうしても個体差があるので、すべての「GV-N960WF2OC-2GD-GA」で同じクロックまでクロックアップできるとは限らないが、GPUクロック+110MHz、メモリークロック+200MHzで各種ベンチマークなどが完走。その時のコア電圧は+0.1125V、Power Targetは135%、GPU温度は95度だった。

クロックの変化(カッコ内はブーストクロック)
定格クロック オーバークロック設定値 オーバークロック実測値
1216MHz(1279MHz) 1326MHz(1389MHz) 1341MHz(1464~1476MHz)

 その際の実ブーストクロックは1464~1476MHzと、なかなかのオーバークロック耐性を発揮している。どうしてもクロックアップすると発熱は増すが、定格クロック動作時と同じくゲーミングテスト中にファンの動作音が気になることがなかったのもポイントだ。

「OC GURU II」を使ってクロックや電圧を設定した

(→次ページヘ続く 「定番ベンチマークで性能をチェック」)

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月