このページの本文へ

DMPにも活用できる!トップマーケターの仕事術

図で人を動かす!『[清水式]ビジュアルWeb解析』本日発売

2015年03月18日 12時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 楽天や米アドビで活躍したトップアナリスト初の著書『コンセプトダイアグラムでわかる [清水式]ビジュアルWeb解析(清水誠 著)が株式会社KADOKAWAから本日発売されました。Amazon.co.jpほかネット書店、大型書店で購入できます。

コンセプトダイアグラムでわかる[清水式]ビジュアルWeb解析

チームがまとまる、プロジェクトが捗る!

 「Webサイトのミッションは、商品の良さを伝え、当社のシェアを伸ばす事だ」このミッションにあなたは、「大手ECサイトでも展開しよう」と考え、みんなが賛同すると思っています。でも、隣の席のメンバーは、「3DCGを使って商品をどの角度でも見れるようにしたらどうだろう」向かいのメンバーは「ゲームコンテンツで遊びながら商品の良さを伝えよう」と考えています……。

抽象的で「それらしい」ミッションだけでは、こうしたメンバーの意識のズレを招きます。本書で紹介する「コンセプトダイアグラム」は、ユーザー目線でWebサイトをビジュアライズし、チームをまとめる手助けをします。

これがコンセプトダイアグラムだ!

 本書は、著者の清水氏がこれまで国内外のさまざまな企業の内外で実践してきた整理・解析・改善のノウハウを「ビジュアルWeb解析」のメソッドとしてまとめたものです。ビジュアルWeb解析では、ユーザーの行動や気持ちの変化、マーケティング施策を「コンセプトダイアグラム」を使って洗い出し、見える化します。このコンセプトダイアグラムをもとに施策やコンテンツを設計し、解析のKPIを定めることで、施策やWebサイトの改善に効率的に取り組めます。

清水さんが考えたコンセプトダイアグラムのサンプルを多数収録

 また、上司やクライアントを説得できるグラフ作成のテクニック、運用しやすいレポートの作成方法など、トップアナリストが実際に使っているテクニックも多数収録しました。

レポートはビジュアルも運用負荷軽減も重要

 巻末にはコンセプトダイアグラムが作れる特製シールも綴じ込み、ビジュアルWeb解析をすぐに実践できます。ちなみに、本書の内容をまとめたPDFファイルも読者限定でダウンロード提供しますので、電子版を買わなくてもタブレットやスマートフォンで楽しめます。

 ビジュアルで考え、ビジュアルでまとめる。アクセス解析担当者はもちろん、デジタルマーケティングに関わるすべての方におすすめの1冊です。

コンセプトダイアグラムでわかる
[清水式]ビジュアルWeb解析

Image from Amazon.co.jp
コンセプトダイアグラムでわかる [清水式]ビジュアルWeb解析

清水 誠 著

  • 価格:2,592円 (本体2,400円)
  • 発売日:2015年3月18日
  • 形態:A5 (184ページ)
  • ISBN:978-4-04-8661423
  • 発行:株式会社KADOKAWA

目次

第1章 アクセス解析を超える「ビジュアルWeb解析」とは
[1-1]図で考え、図で伝えることがチームを鍛える
第2章 事例で学ぶビジュアルWeb解析の流れ
[2-1]売上2.7倍!地ビールメーカーのリニューアル戦略
[2-2]新規客とリピーターのWeb利用を設計する
[2-3]用意すべきコンテンツは図から見えてくる
[2-4]サイト改善の実績をExcelでアピールする
第3章 コンセプトダイアグラムで顧客と施策をビジュアライズ
[3-1]ビジネスを図で表せば上司と顧客が味方になる
[3-2]誰でもコンセプトダイアグラムは描けるようになる
[3-3]ビジネス別コンセプトダイアグラムのサンプル
第4章 自作指標と目的別レポートで効果をビジュアライズ
[4-1]ビジネスの指揮権は追いかける指標を決める人にある
[4-2]ユーザーの行動を指標で把握しよう
[4-3]どこから来たか、どこを見ているのかの違いを気にしよう
[4-4]改善アクションから指標とディメンションを決める
[4-5]指標の使われ方を考えてレポートを設計しよう
[4-6]コピペ率や購入チェック率などの自作指標
[4-7]分かりやすくてカッコイイレポートをExcelで作る方法
第5章 今日から使えるグラフデザインの原則とビジュアライズのコツ
[5-1]表や折れ線グラフを加工するときのヒント
[5-2]ダッシュボードデザインの原則
[5-3]ビジュアライズを助けてくれるツール
[5-4]図の威力をナポレオンの遠征で感じよう

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く