このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

シャープ新世代ケータイ、日フォン「AQUOS K SHF31」を知れ!第3回

今こそ2台持ち! 日フォン「AQUOS K」はスマホ/タブレットの最良パートナー

2015年02月26日 11時00分更新

文● スピーディー末岡/アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

やはりケータイは二つ折りが至高!
タッチパネルじゃないのにタッチで操作も!

 スマホが世の中のビッグウェーブになりつつあったとき、ASCII.jp編集者たちはケータイ(フィーチャーフォン)とスマホの2台を契約し、それぞれ使い分ける「2台持ち」を提唱していた。やはり音声通話は音声端末のほうが便利だし、スマホは画面が大きいからネットのチェックに最適だと。

 あれから数年がたち、スマホの弱点と言われたバッテリーの持ちも「無充電で3日もつ!」なんて機種も出てきたくらい進化し、スペックも高性能化して、ハングアップ→通話ができなくなる、という定番コンボもなくなってきた。編集部でもひとり、またひとりと2台持ちユーザーが減っていき、気がつけば筆者・スピーディー末岡だけになってしまった。2台持ち派の急先鋒だったドロイドさんなんて「いや、別に1台でいいじゃん」とあっさり寝返る始末。

ドロイドさん「え、スピーディーさん、まだ2台持ちだったの?」

 そんな逆境にも負けずに2台持ち歴5年目となった筆者だが、実は音声端末の限界もちょっとだけ感じていた。現在個人的に使っているのは、折りたたみ型で10キーのいわゆる「ザ・ケータイ」といった感じの端末である。やはり音声端末は折りたたみがいい。ストレート型も使っていたが、いちいちロックをかけるのが面倒なのと、ロックをかけ忘れるとポケットの中で誤動作してしまうことが多かった。パカっと開けばすぐ通話ができて、ポケットの中でも大暴れしない、折りたたみ型が最高だというのが持論だ。

 しかし利用中のケータイは、通話自体は快適で最初は不満もなく使っていたのだが、徐々に動作の遅さが気になるようになってきた。最近はAndroidスマホもヌルサクなので、パっと開いてメールを打ったり、電話帳からかけたい人を選ぶときに、微妙に動作が遅れるのが余計気になってきてしまった(人によっては気にならないレベルだが)。スピードを求める筆者としては、そこは妥協できないポイントでもある。

「速い! キレイ! 手になじむ!」

 そんなとき、auの春モデルとして発表されたのが、シャープの「AQUOS K SHF31」(以下、「AQUOS K」)だ。Android OSを搭載し、CPUにクアッドコアのSnapdragonを採用するなど、スマホのようなスペックを備えた新世代ケータイとして注目された。ASCII.jpでも、深澤真紀さんが名付けた「日フォン」(にふぉん)の由来をインタビューさせていただくなど、ここ最近これだけ話題になったのは「AQUOS K」だけだろう(『“日フォン”「AQUOS K SHF31」 携帯電話のパラダイムシフト - 深澤真紀さんインタビュー』参照)。

シャープ「AQUOS K SHF31」。折りたたみ式が最高!

 発表会でのファーストインプレッションは「速い! キレイ! 手になじむ!」だった。Snapdragonのおかげか、動作のひとつひとつがキビキビしており、ネットワークは4G LTE対応で高速。パカっと開けばすぐにディスプレイON! さらに液晶ディスプレイも約3.4インチ(540×960ドット)で美しいし、画素密度は約328ppiと高精細。端末自体のデザインも高級感が漂う。そして、ケータイの王道である折りたたみ型なので、たたんでいれば手にすっぽり収まる。

 ケータイでは見られなかったPCサイトだって表示できるし、限られるとはいえアプリも追加してカスタマイズすることができる。とくに「速い」という要素は筆者的にはマスト。しばらく停滞していたケータイに、「新しい幕開けがきた!」。そんな感じだった。

発表会でのファーストインプレッションは「速い! キレイ! 手になじむ!」。新しい技術の幕開けを見ているようで、胸が熱くなるな

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン