このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

シャープ新世代ケータイ、日フォン「AQUOS K SHF31」を知れ! 第5回

今話題の日フォン「AQUOS K」なら「LINE」を10キーで快適に使い倒せる!

2015年03月12日 11時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日フォン「AQUOS K」で「LINE」を使ってみたら
とっても快適だった!

 深澤真紀さんが名付けた「日フォン」(にふぉん)でおなじみ、「AQUOS K SHF31」(以下、「AQUOS K」)は、Androidを搭載し、CPUにクアッドコアのSnapdragonを採用した、スマホのようなスペックの新世代ケータイだ。

シャープ「AQUOS K SHF31」。見た目はまさしく正統派の折りたたみ式ケータイだ

 個人的な話になるが、筆者が初めてケータイを手にしたのは高校時代だった。などと言うと、上司からは「ケータイを買ったのが高校時代かよ!」と動揺され、10代の友人からは「えっ、小学校から持ってましたよ」などと絶句される世代である。ジェネレーションギャップである。

 時代は下り、2015年。筆者をはじめ、若い世代にとってコミュニケーションは音声よりテキストチャットというケースが多い。代表的なのはやはり「LINE」だろう。筆者ももちろん活用しており、今では友人だけでなく、職場の同僚とも「LINE」で連絡を取る場合があるほど。

コミュニケーションは音声よりテキストチャットというケースが多い編集部の若手・コジマが、日フォン「AQUOS K」で「LINE」を使ってみました!

 そのため「LINE」をもっと活用したいのだが、実はケータイではトーク通知がリアルタイムでなかったり、電話番号での自動追加ができなかったりと、スマホ版「LINE」と若干の機能の違いが見受けられる。ガラケー版「LINE」について、「もっと本格的に使いたい!」という要望をちょくちょく耳にしていた。

 次世代ケータイ向けの「LINE」アプリがあると聞いても、最低限の機能が使えるだけなのでは、と心配していたものの、日フォン「AQUOS K」で試用しているうちに、『これはただ「LINE」が使えるだけではない、快適に使える新世代ケータイなんだ』と考えを改めることになった。今回は、日フォン「AQUOS K」で「LINE」が快適に使えるポイントを紹介していこう。

スタンプも音声通話もできる
つまり「LINE」がフル活用できるんです!

 日フォン「AQUOS K」の待受画面で決定ボタンを押し、ランチャーメニューを表示すると、右列に「LINE」のアイコンがある。まずはアプリを起動して、すでにLINE IDを持っているならユーザーログインを、持っていないならIDを登録しよう。

ランチャーメニューに「LINE」があるので、さっそく起動

LINE IDを持っているならログイン、なければ新規登録しよう

今回は新規にLINE IDを登録するので、電話番号を入力して登録。必要な認証番号はSMSで送られてくる。初めて「LINE」を使うという人でも戸惑うことはないはず

 LINE IDを登録しながら思ったのは、「スマホのアプリとまったく同じだなあ」ということ。たとえば、アイコンを登録するときに自分の顔を撮影したのだが、スマホアプリ同様、画像にフィルターがかけられる。当たり前のように思えるが、「スマホでできること」ができないという不満点がないのはやはりうれしい。

日フォン「AQUOS K」向け「LINE」では、アイコンを自撮りした上で、ちゃんとフィルターがかけられる

 そして気になる使い勝手だが……アプリ自体はAndroid版ベースなので、スマホとまったく変わらないといってよい。テキストチャットによるトークはもちろん、スタンプだって使える。「へー、ケータイなのにLINEも使えるんだ」と話しかけてきた編集部員に「スタンプも使えますよ」と答えたら驚いていた。

 当然、音声通話も可能。テキスト、画像、動画、スタンプなどで近況を共有する「タイムライン」も閲覧できる。

画面はスマホアプリとまったく同じ。トークはリアルタイムで通知される

「LINE」の特徴のひとつであるスタンプも使える

もちろん、音声通話も可能だ

 もちろん、トークの通知はリアルタイムで行なわれる。相手がスマホであっても、PC版であっても、何も気にせずにやり取りできるようになっており、従来のケータイとは一線を画しているといえるだろう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン