このページの本文へ

「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」

iOSとAndroidアプリを同時開発! 富士通SSLが企業アプリ構築支援

2015年01月30日 17時09分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、オラクルのサービスを活用する「エンタープライズ・モバイルアプリケーション構築支援サービス」を発表した。

 これは、オラクルのモバイルアプリケーションの開発フレームワーク「Oracle Mobile Application Framework(Oracle MAF)」を活用する、開発・運用サポートまでをワンストップで提供するサービス。これにより、1つのソースから、iOSやAndroidなどの複数のモバイルアプリケーションが作成できる。また、スマートデバイスの活用方法を提案し、ユーザー企業側でモバイルアプリケーションを簡単に設計・開発・運用できるよう富士通SSLの技術者がサポートを行なう。

 スマートデバイスの活用に悩んでいる企業、BYOD(Bring Your Own Device)やエンタープライズアプリケーションのモバイル化を検討中の企業に向けて、提供していくという。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通