このページの本文へ

富士通研究所が開発

誰でも10秒! 障害影響の仮想マシンを特定する新技術-ネットワーク障害発生時に効力

2015年01月28日 14時48分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ネットワーク障害発生時の影響範囲特定の課題

 富士通研究所は1月28日、ネットワーク障害発生時に、影響を受けた仮想システムを10秒以内で特定できる技術の開発を発表した。

 従来、ネットワーク障害の影響を受けた仮想システムを特定するためには、ネットワークの専門家がサーバー運用者と連携し、仮想システムと物理ネットワークの関係を調査する必要があった。大規模なクラウド環境においては、この作業に3時間以上かかる場合があるという。

 今回開発した技術は、仮想システムと物理インフラの構成管理情報を一元管理する仕組みを導入した。物理サーバー間の通信経路情報と通信が発生する仮想サーバーの組み合わせ情報を自動的に生成。仮想システムと物理ネットワーク通信経路の関係が自動的に解析でき、障害の影響を受けた仮想システムを数秒で特定可能となった。このため、ネットワークの専門知識をもたないクラウド運用者であっても、障害によって影響を受けた仮想システムを特定でき、仮想システム利用者に対して迅速な報告が可能になるとする。

 ネットワークが冗長構成になっている場合、物理ネットワークの通信経路情報に加えて、通常使用する経路と予備経路を示す状態情報も管理する。こうすることで、障害発生時に影響を受けた物理サーバー間の通信経路が現用経路である時に限って影響ありと判断し、実際にサーバー間通信に影響のあった対象だけを特定できるという。

ネットワーク冗長構成を考慮した影響範囲特定

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通