このページの本文へ

各種センサー、NFCタグリーダーを備え10gの軽量化を実現

富士通、空中に書いた文字を認識する指輪型デバイス

2015年01月13日 20時30分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
富士通研究所が手書き入力機能とNFCタグリーダを備えた指輪型ウェアラブルデバイスを発表した。

 富士通研究所は1月13日、手書き入力機能とNFCタグリーダーを備えた指輪型ウェアラブルデバイスを発表した。

 本デバイスは、空中で手書きをするときの指先の運動成分を抽出し、その軌跡を文字として認識する技術を搭載。指先で空中に文字を書くことによりメニューを選択したり、撮影した写真の上にその場でメモを残したりすることが可能だ。指先でのタッチを検出するNFCタグリーダー、モーションセンサー(加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー)を搭載しながら10g以下を実現したという。

 手書き文字入力の開始の指示などは、親指でボタンを押して操作する。手書き時に、文字の軌道を独自の技術で補正することで、文字の認識率を高め、数字や漢字の認識が可能だ。さらにNFCタグリーダを内蔵し、タグをタッチした際に作業対象物を特定し、作業内容を提示する。

 作業対象物に特化した情報をハンズフリーで容易に選択できるため、保守点検業務など各種作業の効率化が期待できるとしている。今後、実際の現場で操作性などの検証を行い、2015年度中の実用化を目指すという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン