このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2014年のカレーを華麗に語れ!KADOKAWA本社でイベント実施

今年もたっぷり食べた?FBカレー部員がマイベストカレーを披露

2014年12月27日 15時00分更新

文● 大谷イビサ/ASCII.jp編集部 写真●曽根田元 
協力●Facebookカレー部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

12月12日、飯田橋の角川第3本社ビルにおいてFacebookカレー部主催による「FBカレー部集合!みんなのカレーな活動発表イベント」が開催された。カレーに一家言持つ面々が集まり、今年の「マイベストカレー」を披露したイベントの模様をレポートする。

カレー好きのためのコミュニティがイベント開催

 Facebookカレー部は、2014年12月時点で4600名以上のメンバーを抱えるFacebookグループ。スタンダード、隠れた名店、ニューカマーなどのカレー店のレポート、こだわりの自作チャレンジ、レトルトや缶詰、カレーパンやカレーうどんなど周辺メニューのレビューまで、あらゆるカレー情報をストイックなまでに日々アップし続けている、まさにカレー好きのためのコミュニティといえる。

Facebookカレー部の吉越部長提供のご当地カレーたち

 今回のイベントは今年の部活動を総括すべく、ASCII.jpカレー部大谷の呼びかけで開催されたもの。とにかくカレーが大好きという男女16名が角川第3本社の会議室に集まり、おのおのの視点で今年のベストカレー5を発表した。

 冒頭、挨拶したFacebookカレー部の吉越部長は「ひでき!感激!」のCMでおなじみ「バーモンドカレー」でのカレーデビュー体験を披露。現在は、本格的なカレーを自身流にアレンジできる「S&B スパイスリゾート(手作りカレーキット)」にはまっていると語り、さっそくベストカレー5の発表につないだ。

冒頭の挨拶でイチオシの「S&B スパイスリゾート(手作りカレーキット)」について熱弁する吉越部長

ご飯にあう!お肉がうまいカレーが好きな大谷のベスト5

 トップバッターのASCII.jp大谷は「行って損しない!スパイシーカレーベスト5を語るよん」というお題でベスト5を披露した。

どう考えても本業のITよりも活き活きしているように見えるASCII.jpの大谷

 カレー部での投稿常連者である大谷は、週2~3日程度はランチがカレーという割合。スパイシーカレー、インドカレー、タイカレー、ビリヤニなど幅広く食べているが、今回のランキングでは「ご飯にあう」「お肉がうまい」「とにかくランチ」という条件を重視したと語る。

大谷が今年行ったカレー屋は新規・常連あわせてover 80店くらい。このほか休日にカレーの日もあるので、カレー割合はなかなか高い

「行って損しない!スパイシーカレーベスト5を語るよん」(大谷)

  • 1位 ヘンドリックス(千駄ヶ谷)
  • 2位 マリーアイランガニー(渋谷)
  • 3位 コロンビア8(堺筋本町)
  • 4位 カレーノトリコ(岩本町)
  • 5位 YAMITSUKIカレー(飯田橋)

 5位のYAMITSUKIカレーは飯田橋のKADOKAWA社員ならおなじみのカレーで、アジア系とも、欧風ともいえる変わったルー。野菜をおいしく食べられ、飽きないのがポイントだ。4位のカレーノトリコは岩本町にできたニューカマーで、店主のこだわりを感じるルーがつぼ。「本当にご飯が進む。インドと牛すじのあいがけが最高」(大谷)。3位のコロンビア8は大阪のスパイシーカレーの名店で、担々麺のようなビジュアルのルーが印象的だ。

 2位のマリーアイランガニーとヘンドリックスは、スパイシーでご飯にあうルーはもちろん、具のポークが素晴らしいという点で上位にランキング。なお、薫り高きマトンビリヤニを出す「サヒファー・ビリヤニ・ダイニング」(六本木)、「アリズキッチン」(心斎橋)も番外編でアピールされた。

ご飯との相性、肉の美味しさなどから今のところベストのヘンドリックス「ポークカレー」

一軒目からカレー屋で呑みたい吉越部長のベスト5

 続いて「ビールにあう神保町のカレーを部長に語らせろ」というテーマで登壇した吉越部長は、「1軒目からカレー屋で飲みたい!できればカレーだけ頼みたい」という野望を披露。「締めではなく、最初から最後までカレールーで呑みたい」と、カレーシティ神保町の名物カレーをビールの銘柄と共に紹介した。

ダイエットが功を奏し、夏の取材時よりもスリムになって帰ってきたFacebookカレー部の吉越部長

「ビールにあう神保町のカレーを部長に語らせろ」(吉越)

  • 1位 エチオピア 野菜チキンカレー
  • 2位 ボンディ チキンカレー
  • 3位 ペルソナ トリプル(チキン、エビ、アサリ) チーズトッピング
  • 4位 ばんび 辛口バターチキンカレー夜裏ルーのみ
  • 5位 源来酒家 汁なし麻婆カレー麺

 5位に入った源来酒家の汁なし麻婆カレー麺は麻婆豆腐とカレーが絶妙に“同居”する逸品。「もう少し混ざるかと思ったら、まったく混ざらない(笑)」とのことで濃い味でビールが進むという。4位のばんびは各地にあるメーヤウ系の店の1つで、生2杯コミットでルーのみ提供してくれるという実績付きだ。3位はバドワイザーのあうペルソナ、2位はジャガイモがダントツに美味いというボンディは、ともに神保町にある欧風カレーの名店だ。

 そして1位は、カレー部でも人気の高いエチオピア。「ここのスパイシーなルーは、ビールに最高にあいます。しかも、ここのビールはハートランドの瓶!」(吉越)とのこと。ここは辛さも80倍(裏では100倍まで)まで頼めるが、辛口好きというわけではない吉越部長は「きれいなお姉さんに80倍とか頼まれると、負けた気分になる(笑)」と語り、会場を沸かせた。

ハートランドの瓶で楽しめる神保町での人気店「エチオピア」の野菜チキンカレー

(次ページ、おいしいカレーは都内だけじゃない!三枝姉さんのベスト)


 

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ