このページの本文へ

31.1型でDCI-P3色域を98%カバー

EIZO、DCI 4K/60p対応の映像制作向けディスプレー

2014年11月18日 15時00分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EIZOは11月18日、映像制作向けの31.1型ディスプレー「ColorEdge CG318-4K」を発表した。発売は2015年3月20日で、参考価格は直販で54万円。

 ColorEdge CG318-4Kは米国のDCIが定めた4K解像度(4096×2160ドット)に対応し、最大60pの動画もDisplayPortケーブル1本で表示が可能。パネルはIPS方式を採用し、コントラスト比は1500:1、視野角は左右178度となっている。

DCI 4Kの解像度はフルHDの約4倍。画面も大きいので、映像の編集や写真の編集に向いている
CG318-4Kの色再現域比較

 色域はデジタルシネマに採用される規格、DCI-P3色域を98%カバーし、Adobe RGB色域も99%カバーする。これにより、動画や写真の制作段階からより厳密な色で仕上がりを確認できるという。

 明るさや色味などを調整するキャリブレーションセンサーも内蔵。専用ソフトの「ColorNavigator 6/ColorNavigator NX」を使い、デバイスに合わせて表示調整をする。さらに、ディスプレーを使いつづけて明るさが変化したときに、プリセットのカラーに再調整してくれる。

 入力はDisplayPort×2、HDMI×2を装備する。サイズは幅735×434×245mmだ。

背面にUSB 3.0のポートがあるUSBポートの下に入力端子の差し込み場所が
正面右下に電源ボタンなどキャリブレーションセンサーは正面上部に内蔵されている

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン